最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ロシア語関連ブログランキング

  • ロシア語ランキング

« 「家の鍵」がわからなかった | トップページ | 確信あるの?ないの? »

2016年11月 8日 (火)

日露通好条約と北方領土問題

日露通好条約(1855年2月7日)

Впредь  границу  между  Японским  государством  и  Россией  установить  между  островом  Итуруп  и  островом  Уруп. Весь  остров  Итуруп  принадлежит  Японии,  весь  остров  Уруп  и  Курильские  острова  к  северу  от  него  принадлежит  России. Что  касается  острова  Карафуто(Сахалин) ,  то  границей  между  Японией  и  Россией  он  не  раздедён  по-пренему.

今より後日本国と魯西亜国との境 ヱトロプ島と ウルップ島との間に在るへし ヱトロプ全島は日本に属し ウルップ全島夫より北の方クリル諸島は魯西亜に属す カラフト島に至りては日本国と魯西亜国との間に於て界を分たす 是まて仕来の通たるへし(原文ママ)

pen

要するに、択捉島とウルップ島の間に国境が引かれたことは間違いありません。

この条約が締結された2月7日が、「北方領土の日」となっているわけですね。

そして、ロシア語原文を読めば、ウルップ島とそれより北のクリル諸島(つまり千島列島)はロシアに属すると読めます。

これが日本が歯舞・色丹・国後・択捉は千島列島ではなく、日本固有の領土と主張する理由にもなっているのでしょう。

ただ、世界地図を見ると千島列島はずっと北方4島まで繋がっているとみるのが自然な見方であるのも頷けます。

そして、1951年のサンフランシスコ講和条約で日本は千島列島を放棄したので、千島列島の範囲が問題になってきました。

日本側の主張は、1855年の日露通好条約に拠っているのは間違いありません。

ロシア側の主張は、地図的に見て自然な千島列島、そして、第二次世界大戦における日本に対する勝利と実効支配の確立を前提とするのでしょう。

サンフランシスコ講和条約で千島列島の放棄を日本が認めていることは確実です。しかし、ここで一番の問題は、当時の担当者が肝心の千島列島の範囲をはっきりと確定しなかったことだと思います。こんな重要なことを確定せずに決めたなんて、今から思えばちょっと不思議です。

ただ、私は今となっては、過去のいろいろないきさつから離れて、安倍首相とプーチン大統領の「新しいアプローチ」での解決が進展することを願っているところです。


にほんブログ村

« 「家の鍵」がわからなかった | トップページ | 確信あるの?ないの? »

北方領土」カテゴリの記事

コメント

ハシムさん、こんにちは。arimaです。
プーチンさんが来月に日本に来ます。日本では
北方領土の進展を期待する声が強いようです。
日本側はサンフランシスコ講和で千島列島を放棄した
ことがネックですね。両国が平和条約を締結して、
歯舞と色丹を返還してもらうことから出発するのが
現実的だと思います。国後、択捉は日本とロシアの
共同統治でどうでしょう。そうすれば、日本とロシア
の友好が深まると思います。これからは、英語より
ロシア語です。

arimaさん、こんばんは!

「千島列島の放棄」・・・・単純に地図を見て考えれば、ロシアに分があるように思います。
カムチャッカからずっと連なっている列島のうち、
北方4島だけが千島列島ではないとは言いにくいと思うからです。
だから、日ソ共同宣言の線で、平和条約締結と歯舞群島、色丹島の引き渡しができたらそれだけでもすごいことだと思います。
実現すれば、教科書に安倍首相の名が残ることは間違いないでしょう。
でも、私は、現実はそれすら難しいような気もします。

英語よりもロシア語といった世の中がくるのも面白いと思いますが、
そして、私のロシア語学習にもより力が入ってきそうでワクワクしますが、
私は現状かなり悲観的に思っています。

ともかく、山口での安倍・プーチン会談、注目したいところです。

山口へプーチンさん、どのようにお越しになるのでしょうか。米大統領のエアフォースワンみたいな感じかなあとそのワンシーンだけを想像するだけでも楽しみです。領土問題のことは、もともとの住民の方や、漁師さんの気持ちに寄り添うと、その立場を察すると、やはり辛くなります。でも、私としては、とにかくぎりぎりの妥協案で、けりをつける、そしてすっきりさせる、そして前進。。それしかないと思います。
NHKのラジオだったか、その筋の専門家が、安倍さんが米政府抜きに、ほとんど独自的に、山口での会談にコトを運んだことは評価されると思う云々と話していました。名前が教科書に残るようなことになれば、やはり功績の点が良いですね( ;∀;)・・・
ロシア語学習を始めて、幼稚ですが、「もし」米国でなくて、ソ連の統治下に置かれたら、ロシア語は義務教育で必修科目になっていたかなあと思ったことがあります。日本でも北海道はもちろん日本海側沿岸の地方自治体はロシアと友好都市ににもなっているので、そこからすそ野を広げて、もっとロシアに親しみを持つ契機になればと願っています。

山口までどのように行くか?ホントですね、私はこのことはまったく想像していませんでした。かなり興味深くなってきました。1891年の大津事件(ロシア皇太子刺傷事件)みたいなことが起こっては大変ですから、極秘の内に進めるのでしょうね。警備も大変でしょうね。会議の内容の進展とともに注目したいと思います。

もし、広島・長崎に原爆が落とされず、戦争があと数ヶ月も長引けば、ひょっとすると北海道あたりまで占領されるなんていう、今となっては想像できないことも起こっていたかも?

いろんな事情で、日本人のロシアに対する偏見もかなりありますね。英語とアメリカ的世界観に浸りきっている日本ですから。

領土問題が少しでも進展して、ロシア語人気がでることを密かに願っています。(無理かな?)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540586/64397033

この記事へのトラックバック一覧です: 日露通好条約と北方領土問題:

« 「家の鍵」がわからなかった | トップページ | 確信あるの?ないの? »