2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ロシア語関連ブログランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 雪が舞う(詩の紹介と試訳) | トップページ | 誤植・誤字 その4 »

2016年12月18日 (日)

誤植・誤字 その3

「誤植」をロシア語では、опеча́тка と言います。

いっぱいあるから複数形で опеча́тки ですね。

引き続き、以下の本で探しています。

今回は傑作です。面白すぎる発見です。

この本にはところどころに、「使えるロシア語」コーナーというのがあります。

そのなかに 父、母、従兄弟、従姉妹、といった親族関係の言葉が紹介されているコーナーがあります。p.239

そして、甥(おい)、姪(めい)のところです。

姪は、племя́нница と正しく書かれています。

ところが、甥は、ой と書かれているのです。

「おい」という日本語読みをロシア語でой と書いています。

本当は、племя́нник であるはずです。

なぜ、こんな間違いが起こったのか不思議でさえあります。

誤植・誤字のレベルを遙かに超えた、お笑い本になっています。

「使えるロシア語」コーナーじゃなく、

文字通り、「使えないロシア語」コーナーになっています。

 おまけ

誤 обши́тельный p.250    →   正 общи́тельный

誤 лю́бящиий p.250   →   正 лю́бящий

誤 рабо́ттает  p.252   →   正 рабо́тает

はい、今日も4個みっけ


にほんブログ村

« 雪が舞う(詩の紹介と試訳) | トップページ | 誤植・誤字 その4 »

誤植・誤字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誤植・誤字 その3:

« 雪が舞う(詩の紹介と試訳) | トップページ | 誤植・誤字 その4 »