2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ロシア語関連ブログランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 誤字・誤植 その5 | トップページ | ロシア縦断紀行(第21課) »

2016年12月21日 (水)

ロシアの二つの災い

ロシアには二つの災いがある。

下には闇の権力が、

上には権力の闇が。

В Росси́и две напа́сти :

Внизу́ — власть тьмы́ ,

А наверху́ — тьма́ вла́сти .

上の言葉は、トルストイの戯曲『闇の力』(власть тьмы́ ,1887年)が出版されたときに

作家ギリャロフスキーが言った警句

(参考文献)『ロシア語 名言・名句 ことわざ時点』八島雅彦編著 p.49

なんだか、上の言葉、帝政末期だけでなく、現在のロシアをも連想させてくれるような感じです。

こういったことはロシアだけではないかもしれませんが、そんなイメージにぴったりな国といった感じもします。

ギリャロフスキーはNHKラジオロシア語講座2016年11月号にも登場した作家です。

ギリャロフスキー Гиляро́вский (1853~1935)
帝政末期からソ連初期にかけて活躍したルポルタージュ作家。若い頃に様々な仕事を経験した後、ジャーナリストに転身。
ギリャイおじさん Дядя  Гиля́й というあだ名で親しまれる。
代表作は、『モスクワとモスクワ人』( Москва́  и  москвичи́ )。
この本は、『帝政末期のモスクワ』(中公文庫)として邦訳があるようですが、筆者未見。


にほんブログ村

« 誤字・誤植 その5 | トップページ | ロシア縦断紀行(第21課) »

書籍」カテゴリの記事

名言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシアの二つの災い:

« 誤字・誤植 その5 | トップページ | ロシア縦断紀行(第21課) »