2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ロシア語関連ブログランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 誤植・誤字 その4 | トップページ | ロシアの二つの災い »

2016年12月20日 (火)

誤字・誤植 その5

誤植探し、やめようと思いましたが、またペラペラめくっているうちに重大な発見をしてしまいました。

相変わらず、この本から探しています。

「使えるロシア語」コーナーから

国名のコーナー p.63

これが恥ずかしいほど間違ってます。

誤 Японии   →   正 Япония

誤 России    →   正 Россия

誤 Кореи    →   正 Корея

誤 Америки    →   正 Америка

誤 Англии    →   正 Англия

誤 Кцтая   →   正 Кита́й

なぜか、生格で書かれているんですね。

さらに、

最後のКцтая にいたっては、Китаяですらありません。二重の間違いですね。

別の「使えるロシア語」コーナーからです。

これだけ出てくると皮肉ですね。

誤 понеделвник p.35   →   正 понедельник

 月曜日ですが、こんなの見ると、ガクンときますね。

これだけ間違われると、他のところも間違いはないのかと疑心暗鬼になってきます。

より注意深く読むようになりました(笑)。

今日はこれぐらいでやめておこうとしたところ、

たまたま開いてしまったページでまた見つけてしまったので、やめられません。

誤 Гге p.47   →   正 Где    どこ」 まで間違っているんでしょうね。

とにかく、誤植探しはこれでいったん終わろうと思います。

この本は本当に残念な本です。

正確に書かれていたら、購入して毎日勉強していこうと思える本です。

例文が具体的で豊富だからです。

どうしてこうなってしまったのか考えると、不憫に思えてきます。

編集部には当然ロシア語のできる方がおらずに、下請け任せにしていたのかもしれませんね。

校正や試し刷りの段階で著者やアシスタントによる確認が不十分だったのでしょうね。

ともかく、この本の誤植探しはこれで終わることにします。


にほんブログ村

« 誤植・誤字 その4 | トップページ | ロシアの二つの災い »

誤植・誤字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誤字・誤植 その5:

« 誤植・誤字 その4 | トップページ | ロシアの二つの災い »