2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ロシア語関連ブログランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ロシア縦断紀行(第30課) | トップページ | チェーホフの名言(3) »

2017年1月28日 (土)

チェーホフの名言(2)

チェーホフの名言、今回は、「言葉」に関するものを取りあげました。

Береги́сь изы́сканного языка́. Язы́к до́лжен быть про́ст и изя́щен.

凝った言葉にご用心。言葉は簡潔で優美でなければならない。

беречься (生格)に用心する、気をつける

беречься 現在変化形
берегу́сь, бережёшься, бережётся, бережёмся, бережётесь, берегу́тся

беречься 過去変化形
берёгся, берегла́сь, берегло́сь, берегли́сь

 日本でも「巧言令色少なし仁」といった言葉がありますね。

Иску́сство писа́ть — это иску́сство сокраща́ть.

書くという芸術、これは削ぎ落とすという芸術である。

 簡潔さこそ才能の表れかもしれませんね。
  その反対に簡単なことをわざわざ難しそうに説明されたりすると、うんざりさせられますね。

У люде́й , живу́щих одино́ко , всегда́ быва́ет на душе́ что-нибудь тако́е , что они́ охо́тно бы рассказа́ли.

孤独に生きる人々は、いつも心に、喜んで人に語りたいものを持っているものだ。

 それぞれ含蓄のある言葉ですね。

(参考文献)


にほんブログ村

« ロシア縦断紀行(第30課) | トップページ | チェーホフの名言(3) »

名言」カテゴリの記事

コメント

詩人ですね!(^^)!  この本のCDの朗読は、どんな感じですか?ラジオ講座並みの朗読かそれても、やや格調高い雰囲気でしょうか?

ochayさん、こんばんは!
さすが、作家の言うことは違いますね。
CD朗読は二人のロシア人によってされています。淡々と読んでいる感じですが、
さすがにネイティブのスピードにはなかなかついていけません。
今はテキストを読んでいるところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェーホフの名言(2):

« ロシア縦断紀行(第30課) | トップページ | チェーホフの名言(3) »