2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ロシア語関連ブログランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ロシア革命百周年!ロシア語上達へ! | トップページ | タス通信が伝えた天皇陛下の言葉 »

2017年1月 2日 (月)

プーチン大統領のテロ非難

2017年の幕開けと同時にトルコ・イスタンブルのナイトクラブでテロが発生しました。
このところ、トルコとの関係強化を図るプーチン・ロシア大統領は、すぐさまトルコに対する連帯の発言をしていました。

ロシア新聞( Российская газета )2017年1月1日より

Президент России Владимир Путин выразил соболезнования турецкому лидеру Реджепу Тайипу Эрдогану в связи с гибелью людей в результате теракта в Стамбуле.

 соболезнова́ние 哀悼、同情

 вы́разить соболезнова́ние +与格 ~に哀悼の意を表する

 ги́бель[女性名詞]  滅亡、破滅、(戦争、災害などによる)死 

 в связи́ с+造格  ~に関連して

 Стамбул  スタンブル (ロシア語では にあたる部分がないが独特)

(ほぼ直訳)
ロシア大統領、ヴラディーミル・プーチンは、トルコのリーダー、レジェプ・タイエプ・エルドアンにイスタンブルでのテロ攻撃の結果亡くなった人々への哀悼の意を表明した。

"Трудно представить себе более циничное преступление, чем убийство мирных людей в разгар новогоднего праздника. Но террористам абсолютно чужды понятия человеческой морали. Наш общий долг - дать решительный отпор террористической агрессии", - отметил глава государства в телеграмме соболезнования.

 представить себе  想像する 

 цини́чный  冷笑的な、シニカルな、破廉恥な  цини́зм (シニシズム)

 преступле́ние 犯罪      наказа́ние 罰

 преступле́ние и наказа́ние 『罪と罰』 ドストエフスキーの有名な小説

 в разга́р 最も火勢が強い、たけなわである、盛りである

 нового́дний 新年の

 пра́здник 祝日、祭日   нового́дний пра́здник 元旦

 чу́ждый 縁の遠い、 +生格 ~を知らない

 поня́тие 概念、知識、理解

 отпо́р 反撃

(直訳)
「正月元旦のただ中における平和的人々の殺害より破廉恥な犯罪を想像することは難しい。しかし、テロリストたちは人間の道徳の概念を全く知らない。私たちの共通の義務は、テロリストの攻撃に対しては決定的な反撃を与えることである。」 — 国家元首は哀悼の電報のなかでこう強調した。

強い大統領でなければいけないと信じるプーチンは、テロリストに対する徹底的壊滅作戦以外に念頭にないようです。
このところ、幸いにして、ロシア国内ではテロ事件は起こっていませんが、
このやり方が続けば続くほど、心配になってくるところもあります。

なお、ロシアを含むテロ事件の年表については、「ハシムの世界史への旅」のなかで

イスラム過激派とテロ事件の歴史」のページにまとめています。参考にしてみてください。


にほんブログ村

« ロシア革命百周年!ロシア語上達へ! | トップページ | タス通信が伝えた天皇陛下の言葉 »

時事」カテゴリの記事

コメント

年頭から学習意欲の意気込みが伝わってきます。テロの年表も拝見し、この先、時々参考にさせていただきますね。宇宙開発に意欲的な人たちと、その国家戦略は個別的に注視しなくてはいけないように思い始めています。無作為殺人だから良くないではなく、先生布告の戦争も良くない。人類の最低最悪の罪、人殺しで、歴史が続いてきている。しかもほとんどが、それぞれの考える正義のために、しかも国のトップらのポリシーに基づいての勝ち負け・・・・・年頭からの事件の悲報は、今年の希望を減らすような気もしてきます。。もしユダヤ教からキリスト教とイスラム教が生まれなくて、仏教が東西に伝播していれば、もう少しは平和だったような、そんな感を持つようになっています。が、現実的に市井は、戦争、テロ、報復反対の抗議意志表示をやめたりしては、いけない!のですよね。

宣誓布告。度々の誤入力、すみません。悪い癖で、ついつい冗長的な書き込みになりました。

ochayaさん、今年もよろしくお願いします。
テロや報復の繰り返しで、この先の見通しもなんだか暗い感じもします。
ただ、小市民の私などにとっては、どうしようもないことばかりです。
せめて自分が旅行で行ったところでテロが起こらないことを願うしかありません。
21世紀になってから、いつどこで何が起こっても不思議ではない恐ろしい世の中になったような気がします。
残念ですが、巨大な力には無力感を感じることのほうが多いです。自分はそれをすり抜けていくことしか考えられないような気もします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プーチン大統領のテロ非難:

« ロシア革命百周年!ロシア語上達へ! | トップページ | タス通信が伝えた天皇陛下の言葉 »