2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ロシア語関連ブログランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「ひどい目にあう」を無人称文で | トップページ | 譲歩 »

2017年3月20日 (月)

関係代名詞что

чтоには、疑問詞、接続詞の使い方があるので、関係代名詞との使い分けに注意!

чтоは不活動体の名詞を先行詞とする関係代名詞として使われます。

次のような使い方があります。

 一般の名詞を先行詞とする(この場合、которыйを使う場合が多い)

Он изучал карту, что висе́ла на стене́.
彼は壁に掛かっていた地図を調べていた。

 то, что 「~なこと、もの」 ・・・・・тоを先行詞とする

Она  удиви́лась тому́, что он сделал.
彼女は彼がやったことに驚いた。

Мы не согла́сны с тем, что происхо́дит сейчас.
私たちは今起こっていることに賛成しない。

С ним не случи́ться то, что со мной случи́лось.
私に起こったことは彼には起こらない。

 先行詞のтоなしで、「~なこと」になる場合もある。

Его мать была́ высо́кая, си́льная, и , что удиви́ло меня, — молода́я.
彼の母は背が高くて、力強く、そして、私が驚いたことに、若かった。

 接続詞のчтоと混同しないように!

Это свиде́тельствует о том, что он вино́вен.
このことは彼が有罪であることを証明している。

 он вино́венだけで文は成立している。この場合のчтоは接続詞。

 всё, что「~なことすべて」・・・・・всёを先行詞とする

Всё, что мне нравится, нравится и ему.
私が気に入っていることすべては彼も気に入っている。

Она вспо́мнила обо всём, что случи́лось.
彼女は起こったことすべてについて思う出した。

 直前の文全体を先行詞とする(この用法は который にはない。)

Ве́тер сильно дул, что было обычно для апре́ля.
風が強く吹いたが、それは4月としては普通だった。

Он владе́ет японским языком, что я знаю.
彼は日本語をマスターしているが、そのことは私は知っている。

Она уже ушла́, чего́ я не знал.
彼女は既に去っていったが、私はそのことを知らなかった。

 名詞化した形容詞を先行詞とする

Главное, чего́ он хо́чет, — это показа́ть американ́цам свой новый фильм.
彼が望む主要なことは、アメリカ人に自分の映画を見せることだ。

Еди́нственным, что удиви́ло его, была́ её реа́кция.
彼を驚かせた唯一のことは、彼女の反応だった。

еди́нственное「唯一のこと」、гла́вное 「主要なこと」など名詞化した形容詞を先行詞とする。

Пе́рвое, о чём я вспомина́ю, когда говоря́т об Астрахани, — сладкие и со́чные  арбу́зы.
アストラハンが話題になるとき、私が最初に思い出すことは甘くてみずみずしいスイカです。

 関係詞節を前に出すこともある。ことわざなどに使われる。

Что произошло, то произошло.
起こってしまったことは、起こってしまったこと。


にほんブログ村

« 「ひどい目にあう」を無人称文で | トップページ | 譲歩 »

文法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関係代名詞что:

« 「ひどい目にあう」を無人称文で | トップページ | 譲歩 »