2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ロシア語関連ブログランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 軽率な風が吹いている? | トップページ | カラマーゾフの兄弟(第6回) »

2017年10月19日 (木)

カラマーゾフの兄弟(第5回)

ドストエフスキーの小説は一つの文がとても長いですね。

今回のスキットでは特にそれを感じます。

これはドストエフスキーに限ったことではないのかもしれませんが、

これが生きたロシア語というものなんでしょうかね。

今日のテキストの最初、ひとつの文が8行に渡っています。

こういう場合、たいていは複文なので、

主語、述語だけでなく、接続詞やら挿入語にも注意しながら読んでいく必要がありますね。

今回、特に気になったのが как の使いかたです。

 как 

さまざまな使い方がりますが、今日のスキットでは、少なくとも、以下の4つの使い方を確認できます。

 как = когда  ~の時

 как вспомним про то

   そのことを思い出したら

 как = как только ~するやいなや

 как усмехнётся, так тотчас же в сердце скажет

   笑うやいなや、すぐさま心の中で言うはずです。

 Он как вернулся на родину, так и заболел.

   彼は故郷に戻るやいなや、病気になった。

 как(などの疑問詞) ни +動詞未来形 譲歩(どんなに~だろうと)

 как ни будем мы злы,

   どんなに僕らが意地悪になっても

 Как ни будет трудно, я прочитаю книгу.

   どんなに難しくても、私はこの本を読み上げる。

 Кто ни придёт, говорите, что меня нет дома.

   誰が来ても私は留守だと言ってください。

 как どのように

 как мы хоронили Илюшу

   私たちはイリューシャをどのように埋葬したか

какの使い分け、瞬時にできるようになりたいものです。


にほんブログ村

« 軽率な風が吹いている? | トップページ | カラマーゾフの兄弟(第6回) »

ロシア文学からの贈り物(応用編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラマーゾフの兄弟(第5回):

« 軽率な風が吹いている? | トップページ | カラマーゾフの兄弟(第6回) »