2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ロシア語関連ブログランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« チェーホフふさぎの虫(第7回) | トップページ | 時代に応じた単語の意味の変化 »

2017年12月 1日 (金)

チェーホフふさぎの虫(第8回)

御者イオナは息子が死んだという話を誰にも聴いてもらえません。

語りかけることができるのは、自分の馬だけのようです。

 息子が死んでもうすぐ一週間になる。

Скоро будет неделя, как умер сын.

 как従属節  ここでは、「~してから」の意味

Уже два года, как я изучаю русский язык.

私がロシア語を学んでからもう2年になります。

ホントは、こちら↓

Уже сорок лет, как я изучаю русский язык.

私がロシア語を学んでからもう40年になります。

(学生時代に習いましたが、それ以来ほとんどの期間が空白期間でしたが(笑)。)

 文字通りの意味ではない「2」

Он живёт в двух шагах от нашего дома.

彼は私の家から2歩のところすぐそばに)に住んでいる。

 いきなり~する взять и   (взять да)

Он взал и помер.

彼はいきなり死んでしまった。

Она такая красавица, но взала да вышла замуж за старика.

彼女はあんなに美人なのに、出し抜けに老人と結婚してしまった。

 生きてさえくれたらなあ!  ・・・・ 願望を表す仮定法

Жить бы только.

普通の順序は下のような感じかな?

Только бы жить !

 噛む жевать 変化形に注意!(変化形から不定形を想像しづらいです。)

жую́, жуёшь, жуёт, жуём, жуёте, жую́т


にほんブログ村

« チェーホフふさぎの虫(第7回) | トップページ | 時代に応じた単語の意味の変化 »

ロシア文学からの贈り物(応用編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェーホフふさぎの虫(第8回):

« チェーホフふさぎの虫(第7回) | トップページ | 時代に応じた単語の意味の変化 »