最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ロシア語関連ブログランキング

  • ロシア語ランキング

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

よいお年を!

よいお年を!

С наступающим Новым годом!

省略せずに、全部を言うなら、

Поздравляю вас с наступающим Новым годом!

でしょうか。

直訳的には、

やってきつつある新年をお祝いします!

info02 ここで近況を少し

私は現在、以下の3つのことに興味があります。

impact 今年を振り返ると

one ロシア語 sad

 ロシア語能力検定2級に不合格!でした。  

two 海外旅行 happy01

 2回行けました。  

 キプロス・マルタ(2月)

 シベリア【イルクーツク、バイカル湖、ウランウデ】(7月)

three 山歩き happy01

 大麻山、天ガ津山、高尾山、愛染山、中津峰、高越山、麻名尾根道古道などの里山歩き

 を通して、山歩きという新しい楽しみを見つけました。

 体を動かし、自然に触れあうという楽しみです。

impact 来年へ向けて

one ロシア語

 ロシア語能力検定2級に再挑戦します。

two 海外旅行

 2回行く。1回目は2月に既に確定済み

three 山歩き

 新しい山に挑戦する。

 そのためにも大麻山、天ガ津山などの山歩きで体力増強!

来年の目標を一言で言うと、・・・・・これです。

annoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoy

ロシア語で頭を鍛え、山歩きで体を鍛え、海外旅行で好奇心を奮い立たせる!

annoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoy

皆さん、良いお年を!

С наступающим Новым годом!


にほんブログ村

2017年12月30日 (土)

巨匠とマルガリータ(8)

『巨匠とマルガリータ』の最終回です。

この課でも前課で出てきた仮定法が登場します。

pencil Я хочу, чтобы мне сейчас же, сию секунду, вернули моего любовника, мастера.

私は、今すぐ、この瞬間に、私の愛する人、巨匠を私に返してくださることを望みます。

annoy この文章も、чтобы+過去形で願望を表す仮定法になっています。

sign01 この課では、耳慣れない、難しい単語がたくさん出てきます。

例えば、

pencil распахиваться ・ распахнуться 広く開けられる

pencil растрепать 髪の毛などをくしゃくしゃにする、本などをぼろぼろにする

 annoy растрёпаный (被形過)くしゃくしゃになった、ぼろぼろになった

pencil исступлённый 極度に興奮した、無我夢中の

pencil простирать・простереть (手を)伸ばす

pencil искажать・ исказить ゆがめる

pencil величественно 壮大に

pencil ничком うつ伏せに

sign01 しかし、どこまで覚えたらいいのでしょうね?

ロシア語検定2級合格のためだけなら、ここまで覚えなくてもいいようにも思います。

ただ、文学作品などを読んでいくには、「感じ」で想像できる程度まで親しくしたいですね。

sign03 応用編『巨匠とマルガリータ』が終わっての感想

こんな機会でもなければ、絶対に読むことのなかった作品です。

ほんの一部ですが、新しい世界に触れることができました。

こんなことも外国語を学ぶ効用のひとつかもしれませんね。

何歳になっても好奇心を失わずにいたいものです。


にほんブログ村

2017年12月29日 (金)

巨匠とマルガリータ(7)

この課での文法的な重要事項は、願望を表す仮定法です。

pencil 私が望むのは、フリーダの枕元にあのハンカチを置かないでいただくことです。

Я хочу, чтобы Фрифе перестали подавать тот платок.

願望を表す仮定法については、以前少しまとめたことがありました。

復習しておきましょう!

2016年12月12日 (月)付けの記事を以下再掲します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

чтобы(仮定法)

чтобы を使った仮定法については、かなり苦労します。

чтобы の3つの用法についてまとめておきます。

one 目的  two 願望  three 疑念

one 目的(例文)

Я прие́хал в Японию, что́бы изуча́ть япо́нский язы́к.
私は日本語を学ぶために日本にやってきました。

 * 主節と従属節の主語が同じ場合は、動詞不定形を使う。

Он рабо́тает, что́бы она́ могла́ жить.
彼女が生きていけるようにと、彼は働いている。

 * 主節と従属節の主語が違う場合は、что́бы 以下は仮定法となっている。

two 願望(例文)

Я хочу́, что́бы мой сын изуча́л русский язы́к.
私は私の息子がロシア語を学ぶことを願っています。(私は息子にロシア語を学んでもらいたい)

 * что́бы 以下は仮定法

 * 主節なしのчто́бы節だけで、強い願望を表すことができる。

    (命令形の代わりになる)

   Что́бы ты чита́л!  (Чита́й.)

three 疑念(例文)

Я не ве́рю, что́бы она́ вы́учила все пра́вила.
私は彼女が規則をすべて覚えたとは信じられない

 happy01 信じられるときは、 信じる内容は что以下で表す。

  Я ве́рю, что она́ вы́учила все пра́вила.
  私は彼女が規則をすべて覚えたと信じている。

Сомни́тельно, что́бы ей понра́вился мой пода́рок.
私の贈り物が彼女に気に入ってもらえたかどうか疑わしい

 happy01 疑いがない場合は 信じる内容は что以下で表す。 

  Я не сомнева́юсь, что ей понра́вился мой пода́рок.
  私の贈り物が彼女に気に入ってもらえたのは疑いがない。

(以上、再掲終わり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、この課では基本的で重要な単語が出てきます。

pencil веритьの使い方

верить в+対格 ~(の存在、実在、実現)を信じる

верить +与格 ~を信用する

(例文)

Она верит в мою мощь. 彼女は私の力を信じています。

Мы верим в Бога. 私たちは神を信じている。

Я не верю ему. 私は彼を信用していない。


にほんブログ村

2017年12月27日 (水)

л と р の発音で誤解

punch 私 は発音が苦手です。

л と р の発音 なんかも なかなかできません。

聞き取ることも難しいです。

だから、次のような単語には難儀します。

annoy леветь  左翼化する、左傾する(ちょっと時代錯誤的な単語かな?)

annoy реветь 吠える、泣きわめく

私は発音が悪いので、きっと「泣きわめいた」が「左翼化した」となったりしますsad

他にもいろいろありますね。

一番有名なのがコレかな?

annoy голод 空腹

annoy город 都市

これなんかも・・・

annoy бал 舞踏会

annoy бар バー、酒場

もう一つ

annoy лектор 講師

annoy ректор 大学学長

上のような単語、聞き取れない 自信あります(笑)。

本を読むだけでは絶対に進歩しない分野ですね。


にほんブログ村

2017年12月24日 (日)

「教育」にもいろいろある

さまざまな機会に「教育」に関する語句が気になっていました。

いろいろあるような気がしていたのです。

これまでに、少なくとも、「教育」に関する単語を4つを見つけています。

one образование

народное образование 国民教育

право на образование 教育を受ける権利

two обучение

обязательное обучение 義務教育

совместное обучение 男女共学

обучение математике 数学教育(математике 与格)

three воспитание ・・・ 「養育・しつけ」といった感じが強いのかな?

нравственное воспитание 道徳教育

four просвещение ・・・ 「啓発・啓蒙・教化」といった感じが強いのかな?

министерство просвещения 文部省

punch これらの単語の使い分けに注意したいものですね。


にほんブログ村

2017年12月22日 (金)

巨匠とマルガリータ(6)

よく似た単語のまとめ

(この課で出てきた単語をヒントに少しまとめてみました)

дух 精神、呼吸

духи́ 香水

духовный 精神的な、宗教的な

душ シャワー

душа́ 魂、心、中心、ひとり

душевный 精神の、心の

душистый 香りの良い

дыхание 呼吸

дышать 呼吸する

дыхнуть 呼吸する(一回体)

shine 関連している語句も多いとは思いますが、「シャワー」、「香水」といったのが独特ですね。

info01 初めて知った名詞

pencil пелена́  「厚い覆い」といった意味で比ゆ的に使われる

(例)

густая пелена́ тумана 霧の深い厚い覆い(→ 深く立ち込めた霧)

снежная пелена́ 雪の厚い覆い(→ 一面に降り積もった雪)

info01 知っておいたほうがよい用法

pencil хотеть(望む、欲しがる)の補語は、 対格 か 生格か?

抽象的なものや不定量なものは生格

具体的なものは対格

(例)

Он хочет искренности от вас.

彼はあなたの誠意を望んでいます。(生格

(例)

Девочка хочет кошку.

女の子は猫を欲しがっています。(対格

pencil 動詞 ценить(値をつける) の用法

Во сколько вы цените эту картину?

あなたはこの絵にいくらの値段を付けますか?

В пять тысяч рублей.

5000ルーブルです。

annoy 値段を「в+対格」で表す

pencil 従属節と主節の動作がほぼ同時に行われたことを表す как

Мы уже собрали́сь выезжа́ть, как вдруг начался́ дождь.

私たちはもう出かけるところだったが、そのとき急に雨が降り出した。


にほんブログ村

2017年12月21日 (木)

巨匠とマルガリータ(5)

info01 初めて知った形容詞・副詞

pencil мимолётный つかの間の

pencil вслух 声を出して 

pencil повелительно 命令口調で

info01 覚えておいたほうがよさそうな名詞

pencil отчаяние 絶望

info01 覚えておいたほうがよさそうな動詞

pencil искушать / искусить 誘惑する

pencil топить / утопить 沈める、おぼれさせる

(関連) 

топиться / утопиться 身投げする、入水する

info01 知っておいたほうがよい表現

疑問詞+угодно なんでも、どこでも、任意の

(例文)

Я готова охотно исполнить всё, что вам будет угодно.

私は喜んで あなたがお望みのなんでも する用意意があります。

(例文)

В воскресенье вы можете идти куда угодно с кем угодно.

日曜日にはあなたは どこへでも 誰とでも 行っていいですよ。

(例文)

Мы взяли конфеты, сколько нам было угодно.

私たちは 好きなだけ お菓子を取った。

この表現は前課のp.98でも、以下の形で、登場していましたね。

(例文)

Еду куда угодно!

どこへでも行くわ!

info01 知っておいたほうがよい表現

同時性を表す сам

(例文)

произнесла она вслух, а сама подумала.

彼女は声に出して言ったが、(同時に)こう思った。

(例文)

Он работает, а сам поёт.

彼は仕事をしながら歌っている。


にほんブログ村

 

2017年12月20日 (水)

運命の出会い

こんな文に出会いました。

pencil 運命が私たちを会わせた。

Судьба свела нас.

punch 印象的な表現ですが、今回注目したのは、ここで使われている動詞でした。

辞書で調べると、かなり多義的です。

сводить / свести

one 連れて行く

сводить / свести ребёнка в ясли

子どもを保育園へ連れて行く

two 連れ下ろす

сводить / свести старика с лестницы

老人を階段から連れ下ろす

three 脇へどける

сводить / свести лошадь с дороги

馬を道からどける 

four 取り除く

сводить / свести пятно

シミを抜く

five ひとつに結ぶ

сводить / свести руки

手と手をつながせる

six 会わせる

Судьба свела нас.

運命が私たちを出会わせた。

sharp 辞書をみると、そのほかいくつかの意味が出ています。

info01 сводить / свести

基本動詞 водить / вести (連れて行く、導く)

これに接頭辞сがついた動詞でしょうね。

接頭辞сのさまざまな意味が加わって、こういう意味合いがでるのでしょうが、

こういったところが、今の私にとっては、かなり難しいですね。


にほんブログ村

2017年12月19日 (火)

バーバ・ヤガーと家来たち

バーバ・ヤガー(Баба-Яга)と呼ばれるロシアの民話に登場する老婆がいます。

日本の山姥(やまんば)と少し似ている存在かもしれません。

ただ、バーバ・ヤガーは悪さをするだけでなく、助けてくれたりもするようです。

バーバ・ヤガーには、3種類の家来たちがいます。

それは、

カエル、黒猫、蛇。

これらは、ロシアでは、悪いことが起こる前触れとして恐れられる存在だそうです。

そこで、こんな表現があるようです。

pencil カエルをつかんじゃったみたい(嫌な人と同席したような場合に使われる)

как будто лягушку в руки взял

pencil 性悪の女 Змея! 

  文字通り「蛇」 ・・・ ヘビ女といった感じか?

pencil ウォッカ зелёный змий 

  文字通りには「緑色のヘビ」 ・・・ なぜ、緑色かは不明!?

flair 

今回のこの表現が出てくるのは、ロシア語ラジオ講座の入門編12月19日放送分です。

私は、暇があれば、入門編も聴くようにしています。

いつも新しい発見があります。


にほんブログ村

2017年12月18日 (月)

巨匠とマルガリータ(4)

annoy 紛らわしい単語

душа́  魂、精神

душе́вный 魂の、精神の

духи́ 香水

души́стый 香りの良い

annoy 馴染みのない形容詞・副詞

ро́бкий びくびくした、小心な、内気な

ро́бко おずおずと、こわごわと、遠慮がちに

punch 文法的には、否定代名詞・副詞が出てきます。

(以前、まとめたことがあるので、再掲します。)

疑問代名詞・副詞に ни がついてできる否定代名詞・副詞は、не, нетなどと呼応して、否定を強調します。

pencil 例 

никто́  だれも~ない

ничто́  何も~ない

никако́й  どんな~もない

ниче́й だれの~ない

никогда́ 決して、一度も~ない

нигде́ どこにも~ない

никуда́ どこへも~ない

ника́к どうしても~ない

pencil 例文で確かめたほうがわかりやすいです。

Об э́том никто́ не зна́ет. そのことについては誰も知らない。(主格)

Я никого́ не ви́дел. 私は誰にも会わなかった。(否定生格) 

Никому́ не скажи́. 誰にも言うな!(与格)

Ничто́ не могло́ его́ удиви́ть. 何も彼を驚かすことはできなかった。(主格)

Я ничего́ не зна́ю. 私は何も知らない。(否定生格)

Там ничего́ нет. そこには何もない。(否定生格)

Я ничему́ не удивля́юсь. 私は何に対しても驚かない。(与格)

Они́ ниче́м не интересу́ются. 彼らは何に対しても興味がない。(造格)

Никаки́е препя́тствия не остано́вят на́шего движе́ния вперёд.
いかなる障害も我々の運動の前進をとどめることはできない。(複数主格)

У меня́ не́ было никаки́х дурны́х наме́рений.
私には悪気は全然なかった。(否定生格)

Ничьи́ угро́зы нас не испуга́ют.
だれの脅しもわれわれを恐れさせるものではない。(複数主格)

Учи́ться никогда́ не по́здно. 学ぶのに決して遅すぎることはない。

Ле́том я никуда́ не е́здил. 夏には私はどこにも行かなかった。

Её нигде́ нет. 彼女はどこにもいない。

Сне́га уже́ нигде́ не оста́лось. 雪はもうどこにも残っていなかった。

Я в Москве́ никогда́ не́ был.  私は一度もモスクワに行ったことがない。

Он ника́к не мо́жет вы́учить табли́цу умноже́ния.
彼はどうしても九九が覚えられない。

wrench 前置詞がつくときは、ниと疑問詞の間に前置詞が入ります。

Я ни к кому́ не пойду. 私は誰のところにも行かない。

Он ни с кем не разгова́ривал. 彼は誰とも話をしなかった。

Все мои́ уси́лия ни к чему́ не привели́.
私の努力はなんにもならなかった。

Ру́сские ни во что не ве́рят. ロシア人たちは何も信じていない。

Ни о чём не спра́шивай! 何についての質問もするな!

Ни в каки́х словаря́х э́того сло́ва нет.
どんな辞書にもこの単語は載っていない。

Элиста́ не похо́ж ни на како́й друго́й российский го́род.
エリスタは他のロシアの都市のどれにも似ていない。

punch угодно の用法(疑問代名詞や疑問副詞とともに使う)

Еду куда угодно. どこへでも行くわ。

идти куда угодно с кем угодно

どこへでも誰とでも行く (この表現は今月号p.102で出てくる表現)

punch 頭を縦に振る(了解)のか? 頭を横に振る(拒絶)のか?

кивать / кивнуть головой 頭を縦に振る

качать головой 頭を横に振る


にほんブログ村

2017年12月17日 (日)

高越山の雪景色


パソコンが不調で、しばらくインターネットから遠ざかっていました。

一応、回復したので、写真をUPします。

13日に登頂した高越山の雪景色です。

南国の四国でも1000メートル級の山は雪景色となっていました。

snow 写真①(登山口に行くまでの道路際から高越山を眺める)

Img_0307_3

標高1133メートルの頂上が見えています。あの頂上にこれから登ります。

snow 写真②(頂上付近の高越寺)

Img_0321

10センチほどの積雪でした。

私たちの他、5人グループと3人グループがここで休憩していました。


にほんブログ村

2017年12月14日 (木)

冬山初体験

昨日、高越山(標高1133メートル)に登頂してきました。

登り口からの標高差は1000メートルを超えているようです。

途中の中ノ郷でアイゼンを装着、雪道を上っていきます。

アイゼン装着も初体験です。

5時間あまりの登頂と下山でした。

歩行距離は9.1キロ、

2053キロカロリーの消費でした。

本ブログのコメント欄にも登場してくださっているКаяхараさんのご指導のおかげで、

無事に冬山の初体験ができました。

ありがとうございました。

素晴らしかったです。またよろしくお願いします。

snowspa

それにしても、雪景色は美しかったですね!snow


にほんブログ村

2017年12月 9日 (土)

目覚める 寝坊する

よく似た形の単語で意味が異なる単語がありますね。

これがなかなか覚えづらくて困っています。

pencil 目覚める просыпаться / проснуться

Обычно он просыпается очень рано, но сегодня проснулся в девять часов.

ふだん彼はとても早く目が覚めるが、今日は9時に目が覚めた。

pencil 寝坊する、寝過ごす просыпать / проспать

Я проспал и опоздал на поезд.

私は寝過ごして、汽車に遅れた。

punch いちいち考えながらの解釈では間に合わないですよね!


にほんブログ村

2017年12月 8日 (金)

巨匠とマルガリータ(2)

今回は、文法的に難しく、なじみのない用法が出てきます。

以前まとめていたことから復習します。

(以下、2017年3月29日の記事から引用します。)

pencil 否定代名詞・副詞+不定形動詞

否定代名詞・副詞などと結びついて動詞不定形が無人称文を作る場合があります。

annoy

否定代名詞не́чего、не́когоは動詞不定形と一緒になって無人称文の述語となる。

не́чего変化形(主格なし)
не́чего, не́чему, не́ на что, не́чем, не́ о чем

не́кого変化形(主格なし)
не́кого, не́кому, не́ на кого, не́кем, не́ о ком

語順

与格+не́чего変化形+(過去のときはбыло)+動詞不定形

与格+не́чего変化形+(未来のときはбудет)+動詞不定形

Ему́ не́чего было чита́ть.彼には読むものは何もなかった。

Ему́ не́ на кого обижа́ться. 彼には腹が立つような人はいない。

Мне не́ на кого серди́ться — сам винова́т.
私は誰にも怒りを向ける人はいない。自分が悪いのだから。

Ей не́чего было сказа́ть. 彼女には話すことは何もありませんでした。

Нам не́чего было ему́ сообщи́ть.
私たちには彼に知らせることは何もありませんでした。

Нам не́кому было расска́зывать об э́том.
私たちにはこのことについて語るべき人は誰もいませんでした。

Мне не́ к кому обрати́ться. 私には頼る人は誰もいません。

annoy

否定副詞не́где, не́когда, не́куда も無人称文をつくる

Нам не́куда было идти́ в таку́ю пого́ду.
そんな天気だったので、私たちはどこも出かけるところがなかった。

Мне не́когда гуля́ть. 私は散歩する暇がない。

В э́том го́роде мне не́где останови́ться.
この町では私は泊まる場所がない。

punch さて、今回のテキストでは次のような形ででてきます。

pencil 彼女は赤ん坊を養うすべがない。

Ей не́чем кормить ребёнка.

shine この本文が出てくるのは、こんな場面のなかです。

pencil 実は、彼女はカフェに勤めていたのですが、あるときカフェの主人が彼女を無理矢理物置に連れ込んで、9か月後に彼女は男の子を産みました。彼女はその子を森に連れ去り、口にハンカチを押し込んだ後、男の子を土の中に埋めたのです。裁判で彼女は、赤ん坊を養うすべがなかっと言いました。

Дело в том, что когда она служила в кафе, хозяин как-то её зазвал в кладовую, а через девять месяцев она родила мальчика, чнесла его в лес и засунула ему в рот платок, а потом закопала мальчика в земле.На суде она говорила, что ей не́чем кормить ребёнка.


にほんブログ村

2017年12月 7日 (木)

巨匠とマルガリータ(1)

今月は、ブルガーコフの代表作『巨匠とマルガリータ』を読んでいきます。

『巨匠とマルガリータ』は巨匠と呼ばれた作家と恋人マルガリータを主人公とする長編小説です。

ただ、書かれた時代が1928年~1940年のスターリン時代まっただなかであったため、

出版は許されなかったようです。

社会主義リアリズムなるものに反したからでしょう。

ソ連で発表されたのは、部分的には1966年、完全版は1973年とのことです。

今回のテキストでは、23章と24章の断片(отрывок)を読んでいくことになります。

pencil

Маргарита механически поднимала и опускала руку и, однообразно скалясь, улыбалась гостям.

マルガリータは機械的に片手をあげたり下ろしたりしながら、どの客たちにも同じようににっこりと歯を見せてほほえみかけていた。

annoy 歯をむき出す ска́литься / оска́литься

pencil 階段の踊り場 площадка

この単語は、たまたま今回のテキストp.131で、ロケットの「発射台」と言う意味でも登場しています。

площадь(広場)に関連する語句で、いろいろな意味で使われるみたいですね。

pencil ささやく шептать

現在変化形の確認

шепчу́, ше́пчешь, ше́пчет, ше́пчем, ше́пчете, ше́пчут

pencil 聞き取る、聞きわける расслышать

pencil 不平を言う ぐちをこぼす

жаловаться / пожаловаться на+対格

Она жалуется на нездоровье.

彼女は病気がちなことを愚痴を言っている。

pencil 20歳ぐらいの若い、並々ならぬ美しい容姿の女性

молодая женщина лет двадцати, необыкновенного по красоте сложения

文法的に重要事項満載とも思われますが、ここでは、по красоте に注目!

annoy по+与格  ~の点で、~に関して

Зто первая по высоте гора в Европе.

これはヨーロッパで一番高い山です。


にほんブログ村

2017年12月 4日 (月)

7495 典型的な格変化を網羅

7495の格変化

主格 семь тысяч четыреста девяносто пять

生格 семи́ ты́сяч четырёхсот девяно́ста пяти́

与格 семи́ ты́сячам четырёмстам девяно́ста пяти́

対格 семь тысяч четыреста девяносто пять

造格 семью́ ты́сячами четырьмя́ста́ми девяно́ста пятью́

前置格 семи́ ты́сячах четырёхстах девяно́ста пяти́

これがさりげなく出てくるようになれば良いのですが、

なかなか・・・・・


にほんブログ村

2017年12月 3日 (日)

合成数詞の格変化

ロシア語で特にややこしいのが、数詞ですね。

なかでも、合成数詞の変化にはとても苦労させられます。

まず、基本的な文法用語から確認していきます。

pencil 数詞 числительное (形容詞変化の中性名詞)

pencil количественное числительное 個数詞

pencil порядковое числительное 順序数詞

annoy составное количественное числительное
合成数詞

annoy склоне́ние составны́х коли́чественных числи́тельных
合成数詞の格変化

ココまで来るだけで大変でした。

文法用語だけで疲れますね(笑)。

しかし、これは本題ではありません。

問題は実際にどうなるかです。

例えば、

7495 の主格は ↓

семь тысяч четыреста девяносто пять

これが、

生格、与格、対格、造格、前置格と変化すると、どうなるでしょう?

以下、正確に答えられる方の実力のほどはどの程度でしょうね?

2級の文法分野は合格すると思いますね。

次回に続く shock


にほんブログ村

2017年12月 2日 (土)

時代に応じた単語の意味の変化

同じ単語でも、少し前の時代と今の時代で意味するものが違ってくるようです。

pencil чайник 

手元の辞書では、「急須、やかん、湯沸かし、ティーポット」とあります。

今まで、私は「やかん」のイメージで捉えていました。

annoy

ところが、

NHKテレビ講座のテキスト『ロシアゴスキー』(2017年10月~2018年3月放送)を眺めていると、

こんな表現に出会いました。

punch

Не работает чайник.

電気ポットが壊れています。

今の時代、この単語 чайник は「電気ポット」となるみたいですね。

flair

辞書を文字通りにとるだけでなく、時代に応じた解釈が必要になってくるようですね。

こんな感じの単語もいろいろあるのかもしれませんね。


にほんブログ村

2017年12月 1日 (金)

チェーホフふさぎの虫(第8回)

御者イオナは息子が死んだという話を誰にも聴いてもらえません。

語りかけることができるのは、自分の馬だけのようです。

pencil 息子が死んでもうすぐ一週間になる。

Скоро будет неделя, как умер сын.

annoy как従属節  ここでは、「~してから」の意味

Уже два года, как я изучаю русский язык.

私がロシア語を学んでからもう2年になります。

ホントは、こちら↓

Уже сорок лет, как я изучаю русский язык.

私がロシア語を学んでからもう40年になります。

(学生時代に習いましたが、それ以来ほとんどの期間が空白期間でしたが(笑)。)

pencil 文字通りの意味ではない「2」

Он живёт в двух шагах от нашего дома.

彼は私の家から2歩のところすぐそばに)に住んでいる。

pencil いきなり~する взять и   (взять да)

Он взал и помер.

彼はいきなり死んでしまった。

Она такая красавица, но взала да вышла замуж за старика.

彼女はあんなに美人なのに、出し抜けに老人と結婚してしまった。

pencil 生きてさえくれたらなあ!  ・・・・ 願望を表す仮定法

Жить бы только.

普通の順序は下のような感じかな?

Только бы жить !

pencil 噛む жевать 変化形に注意!(変化形から不定形を想像しづらいです。)

жую́, жуёшь, жуёт, жуём, жуёте, жую́т


にほんブログ村

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »