2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ロシア語関連ブログランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 巨匠とマルガリータ(7) | トップページ | よいお年を! »

2017年12月30日 (土)

巨匠とマルガリータ(8)

『巨匠とマルガリータ』の最終回です。

この課でも前課で出てきた仮定法が登場します。

 Я хочу, чтобы мне сейчас же, сию секунду, вернули моего любовника, мастера.

私は、今すぐ、この瞬間に、私の愛する人、巨匠を私に返してくださることを望みます。

 この文章も、чтобы+過去形で願望を表す仮定法になっています。

 この課では、耳慣れない、難しい単語がたくさん出てきます。

例えば、

 распахиваться ・ распахнуться 広く開けられる

 растрепать 髪の毛などをくしゃくしゃにする、本などをぼろぼろにする

  растрёпаный (被形過)くしゃくしゃになった、ぼろぼろになった

 исступлённый 極度に興奮した、無我夢中の

 простирать・простереть (手を)伸ばす

 искажать・ исказить ゆがめる

 величественно 壮大に

 ничком うつ伏せに

 しかし、どこまで覚えたらいいのでしょうね?

ロシア語検定2級合格のためだけなら、ここまで覚えなくてもいいようにも思います。

ただ、文学作品などを読んでいくには、「感じ」で想像できる程度まで親しくしたいですね。

 応用編『巨匠とマルガリータ』が終わっての感想

こんな機会でもなければ、絶対に読むことのなかった作品です。

ほんの一部ですが、新しい世界に触れることができました。

こんなことも外国語を学ぶ効用のひとつかもしれませんね。

何歳になっても好奇心を失わずにいたいものです。


にほんブログ村

« 巨匠とマルガリータ(7) | トップページ | よいお年を! »

ロシア文学からの贈り物(応用編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨匠とマルガリータ(8):

« 巨匠とマルガリータ(7) | トップページ | よいお年を! »