最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ロシア語関連ブログランキング

  • ロシア語ランキング

« ロシア原初年代記 | トップページ | ロシアはどんな国? »

2018年4月23日 (月)

概数表現とひとつの疑問

おおよその数を表す表現方法がいくつかあります。

ここでは前置詞による表現を少し確認します。

pencil около+生格   約~

Там раборают около ста человек.

そこでは約100人が働いている。

{前置詞+数詞+名詞}句が主格で、100人という複数なので、動詞は複数形となっているのは理解できます。

pencil под+対格    ~近く

На площади было под сто человек.

広場には100人近くの人がいた。

この例文も100人近くだから複数だと思いますが、былоとなっています。

疑問です。

ここでは、былоとあるが、былиではないのか?

どちらでもいいのか?

なぜ、былоなのか?

どなたか教えてくださると、ありがたいのですが・・・・。

(参考文献)

『これならわかるロシア語文法』p.341


にほんブログ村

« ロシア原初年代記 | トップページ | ロシアはどんな国? »

文法」カテゴリの記事

コメント

無人称 過去だから было? そもそも、前置詞が主語に成り得るのでしょうか

>前置詞が主語に成り得るのでしょうか
ということですが、
上記の参考文献によると、{前置詞+数詞+名詞}句が主格または対格補語として成立する、とありました。
主語になるようです。
また、
былоとなっているのは、無人称文とも考えられるからでしょうかね?

このへんが英語と随分違うと思いました。
さっそくのご意見、ありがとうございました。

私も半可通ですが「2以上の数詞+名詞が主部になると,動詞は3人称単数(過去形では中性単数)になります」というルールがあるようです。
参考(東京外国語大学言語モジュール):
www.coelang.tufs.ac.jp/mt/ru/gmod/contents/explanation/079.html

るもさん、はじめまして!
そして、
東京外国語大学言語モジュールというサイトを教えてくださり、ありがとうございました。
ロシア語は数詞がややこしくて苦労しています。
拙サイトをご覧くださっている方からの反応があることだけで感動です。
またいろいろ教えてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540586/66642004

この記事へのトラックバック一覧です: 概数表現とひとつの疑問:

« ロシア原初年代記 | トップページ | ロシアはどんな国? »