2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ロシア語関連ブログランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« キスの習慣がない | トップページ | 百間の滝(上勝町の山歩き) »

2018年11月19日 (月)

「2島+α」で最後のチャンス

安倍首相とプーチン大統領の間で、「北方領土」問題解決に向け、交渉を加速化するとのニュースがありました。

1956年の日ソ共同宣言を基礎にした交渉を加速化するとのことです。

これに関してさまざまな論評を見かけました。

その中で私が一番納得したのは

元外務省欧亜局長の東郷和彦さんの見解です。

東郷さんは、選択肢は「2島+α」しかないと言います。

(以下、日本経済新聞2018年11月18日付記事による)

東郷さんによると、日本が決断すべき方向性は、

歯舞群島と色丹島の2島をロシアが日本に引き渡し、

国後島と択捉島では共同経済活動などを進める「2島+α」しかない。

今回、日本がこの決断をしなければ、

ロシアは日本とこれ以上交渉する意味はないと判断し、

今回が最後のチャンスだと言います。

日本は4島返還に固執すればするほど、

日本側の取り分は少なくなるだろうとも言います。

過去に日本は2度のチャンスを逃しているとの主張も興味深いものです。

それは、

1990年代初頭のソ連崩壊後

2000年代のプーチン大統領就任直後の2回です。

その際に日本側は交渉の努力を怠り、

千載一遇のチャンスを逃してしまったと主張します。

その2度のチャンスの際には

日本よりロシアの方が力が弱かったので、

領土問題解決のチャンスがあったとみます。

今では強力なプーチン大統領のもと、条件は変わってしまい、

「2島+α」が現実的な選択肢だと主張しています。

私もこれが現実的な方策だと感じています。

第二次世界大戦の結果をもはや覆すことはできないと思います。

もしこの方向で日露平和条約などが締結されれば、

ひょっとすると、ロシア語ブームにもつながるかも知れませんね。

(それはないかな?)

(逆に、ナショナリズムに基づく反ロシア感情が起こったりする可能性も?)

しかし、実際は、「2島+α」もなかなか難しいのではないかとも思っています。

これからの動きを注視したいと思います。


にほんブログ村

« キスの習慣がない | トップページ | 百間の滝(上勝町の山歩き) »

北方領土」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。ご無沙汰しています。
私も最近同じことを考えていて、記事を上げたばかりでした。
プーチン就任直後にもチャンスがあったんですね。二期目になってかなりサハリン州に力を入れているようです。パイプラインかな…。
プラスαの共同開発があればロシアにとっては更にいいでしょうね。その辺りと主権をどう持っていくか…日本人は交渉が苦手のような気がしますが、頑張って欲しいですね。

どこかで妥協しないといけないタイミングですね。プーチンさんはともかく(?)、安倍さんは、任期中になんとか成果を出したいはずです。結局、なんらかの後遺症をできるだけ残さないように、中身の詳細を慎重に✔しないと。プーチン政府は手ごわいですから。

日ソ不可侵条約の破棄
ヤルタ会談の密約
千島樺太交換条約
ロシアの力によるレフェレンダム強行
ウクライナ等周辺諸国の独立
等を考慮するべきでマクロで考えたほうが良い
線引きは国境の画定でこれこそ平和条約である
アラスカは売買でこれが可能な国 戦争によらない国境の策定が平和である

フェイツイさん
お元気でご活躍中の様子、何よりです。
日本が4島に固執すれば、結果はゼロだと思います。
2島(主権がどうなるかもわかりませんが、)引き渡しだけでも私は大きな成果だと思います。
子どもをその子が置かれた条件を無視して完璧に育てようとすれば、結果はゼロどころかマイナスになったりするかもしれません。
領土問題だって、相手があるのは同じだし、現実的な妥協がなければ一歩も進まないどころかマイナスになるかもしれないと思っています。
私は一歩前進でも満足すべきことだと思っています。

ochayaさん
お互いの国の世論を考えながらの交渉ですし、最近、各地で自国第一主義みたいなナショナリズムがあるので、難しいとは思います。
私たちが生きている範囲での最後のチャンスかもしれません。
生きている内に、何らかの進展を見て見たいと思っています。

yamaさん
「戦争によらない国境の策定」・・・是非ともそうなってもらいたいものですね。

ともかく、
ロシア語学習者としては、平和条約交渉が一歩でも前進してほしいと思います。
生きている内に、ロシア語ブームを体験してみたいです(笑)。
無理かな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「2島+α」で最後のチャンス:

« キスの習慣がない | トップページ | 百間の滝(上勝町の山歩き) »