2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ロシア語関連ブログランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ロシア縦断紀行(再)9 | トップページ | ロシア縦断紀行(再)11 »

2019年5月15日 (水)

ロシア縦断紀行(再)10

第10課では、時間の長さを表す[名詞の対格]の使い方を学びます。

Какое-то время Львов был частью Австрии.

ある時期、リヴィウはオーストリアの一部だった。

Какое-то время は主格と同じ形をしていますが、対格です。

名詞の対格で(前置詞無しで)一定の時間の長さを表します。

例文で確認しましょう。

Она всю ночь читала детекти́в. 彼女は一晩中推理小説を読んでいた。

Во льво́ве и около него три́дцать лет жил сын Мо́царта.  リヴィウとその周辺にはモーツァルトの息子が30年間住んでいた。

それ以外の例文を下記のNHK出版の参考書『これならわかるロシア語文法』で拾ってみましょう。

Я жил в Москве два года. 私はモスクワに2年間住んでいました。

Он сидел там пять часов. 彼はそこに5時間座っていた。

Подождите одну минуту. 1分間(ちょっと)待ってください。

Я не спал всю ночь. 私は一晩中眠れなかった。

Она работала целый день. 彼女は一日中働いていた。

これとよく似ているですが、時間の長さを表す別の用法もあります。

それは、[за+対格]で、完了体動詞とともに用いて、完了する時間の長さを表します。

За сколько времени она приготовила обед? 彼女はどのくらいの時間で昼食を作ってしまったのか?

За десять минут. 10分間です。

単に時間が長いのであれば、долго という単語も使えます。

Как долго вы жили там? あなたはあそこにどれくらいの間住んだのですか?

долго「長い間」 、 давно「長い間」 の違いについて

долгоは単に時間が長いことを示すが、давноは行為が現在まで続いていることを示す。

 

Я вчера долго работал. 私は昨日長時間働いた。

Я здесь давно работаю. 私はここで長いこと働いている。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

« ロシア縦断紀行(再)9 | トップページ | ロシア縦断紀行(再)11 »

ロシア縦断紀行(再)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシア縦断紀行(再)9 | トップページ | ロシア縦断紀行(再)11 »