2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ロシア語関連ブログランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 早期退職 | トップページ | 丸笹山 ・赤帽子山への登山 »

2020年8月17日 (月)

モーリシャスってロシア語でどう言うの?

モーリシャスの近海で日本の船が座礁しました。

油が海を汚しているようです。

このニュースを読むなかで、

「モーリシャス」というロシア語を初めて知りましたね。

 

モーリシャス

ずばり、

Маврикий 

です。

 

マブリーキイー といった感じの発音になるようです。

これがモーリシャスとは、ちょっと想像できませんでした。

 

Севшее на мель у берегов Маврикия судно раскололось на две части

【私訳】モーリシャス沿岸で座礁した船が二つに割れた。

 

【メモ】

Севшее сестьの能動形動詞過去単数中性形

мель  浅瀬

Маврикия  モーリシャスの単数生格形

раскалываться / расколоться 割れる

 この単語に何かしら既視感があったのは、ラスコーリニキ(分離派)という歴史用語が頭の片隅に残っていたからかもしれません。

 

 раскольник 分離派、古儀式派(17世紀にロシア正教会から破門されたグループ)

 

 船が二つに割れる時にも使われるんですね。

 でも、こんな単語は私のロシア語作文で実際には使用されることはまずないでしょうね(笑)。

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

« 早期退職 | トップページ | 丸笹山 ・赤帽子山への登山 »

時事」カテゴリの記事

コメント

ラスコーリニコフ 罪と罰の主人公。理性と心が分裂しているから、この名前だそうです。

ラスコーリニコフ、そんな意味があったのですか。
いろんな知識が結びついてきて面白いです。
これからもいろいろ教えてください。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早期退職 | トップページ | 丸笹山 ・赤帽子山への登山 »