2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ロシア語関連ブログランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月26日 (月)

NHKロシア語講座にもコロナの影響?

NHKラジオロシア語講座テキスト11月号の入門編を眺めていました。

こんな例文がありました。

 

Извините, где можно купить антисептик?

すみません、消毒液はどこで買えますか?

 

Скажите,пожалуйста,в нашей аптеке есть маски?

すみません、おたくの薬局にはマスクはありますか?

 

антисептик 消毒液、除菌剤

この単語は初めて知りました。

 

маска マスク 単数形 маски マスク 複数形

この単語はコロナ以降、ニュースサイトで初めて出会った単語だったと思います。

 

今回の入門編は新作なのでコロナ以降に制作されたテキストだと思います。

ロシア語講座の例文にもコロナの影響が感じられます。

 

それともう一つ初めて出てきた単語がありました。

Я скажу о вашей неприятной проблеме на ресепшн.

あなたの不快な問題についてレセプションに言いましょう。

 

ресепшн レセプション

この単語も私にとっては初登場でした。

手元の辞書で調べても載っていません。

英語から借用されたものだと思います。

ロシア語も英語の影響を大きく受けていることを改めて感じました。

 

このように入門編からも多くの新しいことを発見するので目が離せません。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2020年10月21日 (水)

ロシアで一日の死者数が初めての300人超え

ロシアではコロナに関して最悪の事態が進行中です。

今日のタス通信社は次のように伝えています。

 

Число умерших из-за коронавируса в России впервые превысило 300 за сутки

ロシアでコロナウィルスによる死者数が初めて一日で300人を超えた。

 

インタファクス社(INTERFAX.RU )にも以下の記事が出てます。

 

За сутки скончались от вируса 317 человек, это максимальное значение за весь период, накануне было 269 подтвержденных случаев. Общее число жертв заболевания выросло до 24 952.

一日でウィルスによって317人が死亡しました。これは全期間を通じて最大です。前日には269人の死亡が確認されていました。この病気の犠牲者総数は2万4952人になりました。

 

ロシアではとどまることなく感染者や死者が増えているようです。

近くロシアに赴任される方の奥さんから聞いたところによると、

11月1日からモスクワ・東京便が飛ぶとのことですが、

こんな状況の中、モスクワ・東京の飛行機は本当に飛ぶんでしょうか?

少し不安ですね。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2020年10月20日 (火)

ロシアのコロナ、一日の感染者が過去最大に

ロシアがますます大変なことになっているようです。

タス通信が本日伝えています。

10月20日、一日の感染者が過去最大になったようです。

 

МОСКВА, 20 октября. /ТАСС/. Число заразившихся коронавирусом в России за сутки составило 16 319, это максимум за все время пандемии. Общее число заразившихся выросло до 1 431 635,

モスクワ 10月20日 /タス/ ロシアでのコロナウィルス感染者数が一日で1万6319人となりました。これはパンデミックの全期間のなかで最大です。感染者の総数は143万1635人となりました。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2020年10月13日 (火)

プレカリアート

以前、少しだけ耳にしたことのある言葉でした。

ナウカ社のロシア出版情報カタログ「リテラ」を見ていると、

こんな本が出版されていました。

 

Прекариат.становление нового класса

プレカリアート 新しい階級の形成

 

プレカリアートという言葉、ロシア語にもあるようです。

非正規雇用者や失業者を指す言葉のようです。

そんなことを思いながら、カタログを見ているとこんな本も出ているようです。

 

Неформальная занятость:истоки,современное состояние и перспективы развития

非正規雇用:起源、現状、展望

 

こういった問題は全世界共通の問題なんですね。

ソ連型社会主義もいろいろ問題があったために潰れたんでしょうが、

懐かしむ人々も一定程度いるのが想像できます。

今日の新たな問題、どうすれば解決するのでしょうね?

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2020年10月12日 (月)

コロナ:ロシアで最悪の週

タス通信が昨日伝えました。

 

見出し

Россия пережила худшую неделю пандемии

ロシアはパンデミックの最悪の週を体験

 

本文では

МОСКВА, 11 октября. /ТАСС/. Эта неделя оказалась для России худшей с начала пандемии

モスクワ10月11日 /タス/ 今週はロシアにとってパンデミック始まって以来最悪の週となった。

 

感染者数を見てみると大変なことになっています。

 

ロシア全土

+13 634 (за сутки)1 298 718

一日の増加数は1万3634人

 

モスクワだけで

+4 501 (за сутки)330 418

一日の増加数は4501人

 

私がしばらく推移をみないうちに、ロシアでは感染大爆発状態となっています。

ロシアへの旅行なんていうのは、ますます難しくなってきました。

この後どうなっていくのか心配です。

なぜこのような感染大爆発になってしまったのでしょうか?

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2020年10月10日 (土)

ハイブリッド社会主義?

ナウカ社のロシア出版情報カタログ「リテラ」が送られてきたので、目を通していました。

こんな本が出ているようです。

本のタイトルは長いです。

Гибридный социализм  — дорога к новому рабству? Или  почему свобода и уважение к человеческому достоинству — главные факторы процветания

ハイブリッド社会主義 — 新たな奴隷制への道か?あるいは、なぜ自由と人間の尊厳の尊重は繁栄の主因なのか。

 

まず、ハイブリッド社会主義ってなんなの?

少なくとも日本語で調べてもそれらしき言葉はありませんでした。

ロシアで生まれた新しい概念?

「ハイブリッド」なる言葉が気になっているうちにカタログのページをめくっていくと、

さらにこんな本の紹介もありました。

 

Гибридная война и передел мира

ハイブリッド戦争と世界の再分割

 

ここにも「ハイブリッド」なる単語がでてきます。

「ハイブリッド戦争」って何?

これは日本語ヴィキペディアにも出ていました。

正規戦、非正規戦、サイバー戦、情報戦などを組み合わさった戦争のようです。

 

まだ、

「ハイブリッド社会主義」はよくわかりません。

ちょっと頭の片隅に留め置くことにしましょう。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2020年10月 9日 (金)

少なくとも

NHKニュースから取り上げます。

 

По меньшей мере 18 человек погибли в результате мощного взрыва на севере Сирии.

少なくとも18人がシリア北部の大爆発で死亡

 

これが記事のタイトルです。

ここでは次の表現に注目しました。

По меньшей мере   少なくとも

 

そして、本文はこう続きます。

Начиненный взрывчаткой грузовик взорвался в городе на севере Сирии во вторник. По сообщениям, погибли не менее 18 человек, еще 75 получили ранения.

爆発物を積んだトラックがシリア北部の町で爆発した。報道によると、少なくとも18人が死亡し、さらに75人が負傷した。

ここでは

「少なくとも」を意味する表現が

не менее +生格 で 出てきます。

同じ内容を別の表現でするというのは、勉強になりますね。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2020年10月 6日 (火)

第二次世界大戦後75年

独学者はこんなところで悩んでいます。

 

Сегодня, спустя 75 лет после окончания Второй мировой войны, есть люди, которые стараются облегчить боль тех, кто потерял близких.

第二次世界大戦の終結から75年後の今日、愛する人を失った人々の痛みを和らげようとしている人々がいます。

 

ここでは、戦後75年という言い方に注目しました。

実は、これとよく似た表現があって、その区別がよくわからないんです。

例えば、

Через тридцать минут после еды он должен принимать таблетки.

後30分で彼は錠剤をのまなければならない。

 

問題・・・・上の二つの文で через と спустя の入れ替えはできるんですか?できないんですか?

こういった問題を考えるとき、独学の辛さを感じますね。

どなたか教えてください。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2020年10月 5日 (月)

女性の涙は男に対する最大の武器

女性の涙は男に対する最大の武器

Женские слёзы — самое сильное оружие против мужчин.

 断っておきますが、これは私の考えではありません。

こんな例文があったのです。

 

(参考文献)『新版ロシア語使える文型80』p.75

 

 

最近の杉田水脈議員の発言が少し頭に残っていたので、ふと思い出した例文でした。

特に他意はありません。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2020年10月 3日 (土)

日本初のロシア語文法書1813年

日本で初めてのロシア語文法書の登場もゴロヴニンに関係しているようです。

1813年のことです。

日本に幽閉中のゴロヴニンからロシア語を学んだ人がいたようです。

そのなかには通訳や翻訳ができるまでになった日本人もいます。

そして、彼らのうちの一人は日本初のロシア語文法書まで書いていることを知りました。

蘭学者の馬場佐十郎(1787~1822)なる人物です。

彼は1813年に『魯語文法規範』6巻という文法書を書いているようです。

(応用編第8課の解説部分で紹介されています。)

1813年といえば、ゴロヴニンが幽閉から解放されてロシアに帰国した年ですよね。

頭のいい日本人もいたものですね。

日露関係史のなかにも私が知らないことがまだまだいっぱいありそうです。

ロシア語を学ぶと同時に隠れた歴史も知りたいと思っています。

 

10月2日放送分では、ゴロヴニンが捕まった場所が紹介されていました。

それは、国後島の泊湾(とまりわん)です。

ロシアでは、この地は今でも 

裏切り湾 залив Измены

と呼ばれているようです。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

2020年10月 1日 (木)

高田屋嘉兵衛とゴロヴニン

淡路島に「日露友好の像」があるといいます。

その像は、高田屋嘉兵衛とゴロヴニンが並んで立っているとのことです。

淡路島は比較的近いのでいつか見に行きたいと思います。

(応用編第7課の解説部分に書かれていました。)

 

この二人にどんな関係があるのでしょう?

高田屋嘉兵衛はゴロヴニンの解放に貢献したのでした。

ゴロヴニンは千島列島を測量していたディアナ号の艦長でした。

艦長を連れ去られた副艦長のリコルドは報復として1812年秋に国後島付近で日本の船を拿捕します。

回船業を営んでいた高田屋嘉兵衛はリコルドとともにカムチャッカへ行き、

交渉するなかで二人の間で信頼関係ができました。

そして、そして、ゴロヴニンは解放されます。

ゴロヴニンも高田屋嘉兵衛も母国に帰ることができたのでした。

この二人は日露友好の象徴的人物だったのです。

 

ゴロヴニンの『日本幽囚記』の原文を用いた応用編が今日から始まりました。

さっそく聞いてみました。

今回は「朗読に挑戦」というテーマもあるようです。

ラジオから流れてくる音を聞きながら、

私もリズミカルにロシア語が口から出るようになりたいものです。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »