2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

総合ランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 5月7日 日露間の重要な条約 | トップページ | 鋸山(1017m)・豊受山(1247m) 登山 »

2021年5月 9日 (日)

ドストエフスキー生誕200年だとか

今朝の日経新聞を読んでて、気づきました。

今年は、ドストエフスキー(1821年~1881年)生誕200周年の記念の年です。

文化時評のなかで、それにちなんだ記事が出てました。

二人のロシア文学者のコメントに注目しました。

 

一人は、沼野充義(名古屋外国語大学副学長)さん。

『罪と罰』のなかで、ある感染症のことが取り上げられれているといいます。

この感染症に感染すると、自分だけが正しいと思い込むようになる、らしいのです。

高利貸の老女を殺し、金を奪った青年ラスコーリニコフが流刑地シベリアで見た夢。

今日の社会の分断をも予言してるかのような気もします。

 

もう一人は、亀山郁夫(名古屋外国語大学学長)さん。7月に新著が出版予定のようです。

集英社新書から出版予定の新著の仮題は、『ドストエフスキー 黒い言葉』。

カラマーゾフには「黒く塗られた者」という意味があるようです。

また、黒はロシアの肥沃な大地を示す色だとも述べられています。

その辺も興味があります。

 

ロシア語の学習を少しでも続けいていると、

どうしてもロシア関連の記事が気になってきます。

ロシア語学習のモチベーションアップのひとつにしたいものです。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

« 5月7日 日露間の重要な条約 | トップページ | 鋸山(1017m)・豊受山(1247m) 登山 »

ロシアの歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月7日 日露間の重要な条約 | トップページ | 鋸山(1017m)・豊受山(1247m) 登山 »