2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

総合ランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月30日 (日)

トルストイの思想(1)

NHKラジオロシア語講座2月号の応用編を読んでいます。

2月は、トルストイの短編『子どもの力』を読むことになります。

講師の八島雅彦先生はトルストイがご専門のようで、

『人と思想 トルストイ』(清水書院)といった著書もあるようです。

そんな専門家が取り上げた文章を確認していきます。

第33課の「もっと深く味わおう」コーナーにこんな文が出ていました。

 

Одно из самых обычных заблуждений состоит в том, чтобы считать людей добрыми, злыми, групыми, умными. Человек течёт, и в нём есть все возможности: был груп, стал умён, был зол, стал добр и наоборот. В этом величие человека. И от этого нельзя судить человека.

もっともありふれた思い違いの一つは、人々を善良だとか、邪悪だとか、愚かだとか、賢いだとかと見なすことである。人間は変化するもので、人間のなかにはあらゆる可能性がある。愚かだったものが賢くなり、邪悪だったものが善良になり、またその逆もある。そこに人間の偉大さがある。だからこそ、人間を決めつけてはいけないのである。

 

人間は変われるものだということですね。

決めつけ、レッテル張りが横行する今の世の中にあって、

トルストイのこの思想はますます重要ですね。

 

文法的には「~のひとつ」という表現は重要です。

один из +複数生格

 

(例文)

Один из нас должен остаться дома.

私たちのうちのひとりが家に残るべきです。

 

Великая пирамида в Эль–Гизе является одним из семи чудес света.

ギザの大ピラミッドは世界の7不思議のひとつです。

【注】不思議 чу́до単数主格 чудеса́ 複数主格 чуде́с 複数生格

 

Одна из европейских стран

ヨーロッパの国のひとつ

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2022年1月27日 (木)

接続詞 и と 不完了体・完了体

ロシア語ラジオ講座入門編第48課コラム欄にこんな記事がでてました。

(1月26日放送分です。)

この部分は放送では全く触れられていませんが、とっても重要なことです。

 

接続詞 и で 不完了体の動詞を二つ結ぶと、2つの動作が同時に起こっていること

接続詞 и で 完了体の動詞を二つ結ぶと、2つの動作が順番に起こっていることを表す。

 

例文

Иван отдыхал и смотрел телевизор. (不完了体動詞の連続)

イワンは休みながらテレビを見ていました。(同時)

 

Иван отдохнул и посмотрел телевизор.(完了体動詞の連続)

イワンは休んでからテレビを見た。(順番)

 

この入門編で学んだことはさっそく、応用編でも出てきます。

たとえば、応用編28課のミハイル・ゾーシチェンコ「いちばん大事なこと(4)」

 

Собака начала лаять и бросаться на Андрюшу.

犬がアンドリューシャに吠えながら飛びかかりはじめました。

 

лаять бросаться 不完了体動詞なので、

吠える」のと「飛び掛かる」のが同時に行われることになるんですね。

 

たとえば、応用編第31課のミハイル・ゾーシチェンコ「いちばん大事なこと(7)」

 

Мальчик немного поплавал в реке и вернулся домой.

少年はしばらく泳いで家に帰りました。

 

поплавал も вернулся 完了体なので、起こったことの順番を表すんですね。

「しばらく泳いだ」その後「帰った」ことになるんですね。

 

ラジオ講座テキストは入門編も応用編も隅々まで読むことが大切ですね。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2022年1月23日 (日)

ココログのトップページで紹介される

なんと、びっくりニュースです。

当サイトがココログのトップページで紹介されました。

ココログというのは、ニフティのブログサービスです。

 

記念に本日(2022年1月23日)のココログトップページをスクリーンショットしておきました。

3

(画面クリックで拡大できます)

 

当サイトの紹介文がこれ ↓

努力を重ねて60代でロシア語検定試験2級合格!!次は1級合格を目指して!日々の学習成果を綴っています

 

こんなこと書かれたら、頑張るしかないではないですか!

半分冗談、半分本気です。

ともかく、励みになります。

 

ニフティ・ココログ担当者様、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2022年1月21日 (金)

天皇と将軍~対立と妥協の連続

鎌倉時代に阿波(徳島)に流されてきた上皇がいました。

土御門(つちみかど)上皇です。

承久の乱での敗者側の配流は、徳島にも関係があるんですね。

 

С этого времени началась долгая череда конфликтов и компромиссов между двумя властями:императорским двором — императором и придворной аристократией,с одной стороны, и сёгнатом и самураем,с другой.

このときから(源頼朝の権力奪取以後)一方での朝廷 ーすなわち天皇および朝廷貴族と他方での将軍および武士たちとの間の二つの権力間の対立と妥協の連続の長い歴史が始まった。

【語句】

императорский двор 朝廷、皇室

придворная аристократия 朝廷貴族、公家

 

(参考文献)『実務のロシア語Ⅰ』p.91

 

 

朝廷と将軍の最初の大きい対立は、承久の乱(1221年)でしょう。

幕府は天皇を打ち負かしたのです。

勝者の北条義時は3人の上皇を配流しました。

後鳥羽上皇は隠岐に、

順徳上皇は佐渡に、

土御門上皇は土佐に、そして、のちに阿波に移ってきます。

徳島に関係するので、承久の乱は記憶に残っています。

 

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は承久の乱をどのように描くのか興味があります。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

2022年1月19日 (水)

将軍 сёгун

今年のNHK大河ドラマを見ています。

これまでに2回終わりましたね。

「鎌倉殿の13人」です。

源頼朝や北条義時が主人公です。

ロシア語を学んでいる身なので、ロシア人にはどう説明したらいいのか考えていました。

手元の文献を調べてみると、こんな記事が参考になりました。

(参考文献)『実務のロシア語Ⅰ』

 

 

将軍は сёгун というみたいです。

Слово сёгун означает «генерали́ссимус».

将軍は「大元帥」を意味する。

 

Первоначально это был временный титул,даваемый главнокомандующему экспедиционной армией.

最初はこれは討伐遠征軍の最高司令官に与えられる臨時の称号でした。

 

Позже этот титул стал присваиваться главе самураев с формального согласия императора.

その後、この称号は天皇の形式的な同意のもとに侍の頭目へ付与されるようになった。

 

Впервые положение сёгуна стало соотвествовать положению административного главы государства при МИНАМОТО Ёритомо в конце двенадцатого столетия, что явилось фактическим отстранением императора от управления государством. 

12世紀末に源頼朝のもとで初めて将軍の地位が国の行政府長の地位に合致するようになった。そのことは実質的に天皇から国家統治権を奪うことになったのである。

 

Правительство сёгуна называлось бакуфу.

将軍の政府は幕府と呼ばれた。

 

Именно при Ёритомо реальная административная власть стала принадлежать военному правителю – сёгуну , а император превратился в номинального правителя.

まさに源頼朝のもとで実質的な行政権は軍人統治者すなわち将軍に属することになった。いっぽうで天皇は名目的な統治者になった。

 

武士の世、鎌倉時代になっても天皇・朝廷からの巻き返しの動きがありましたね。

その最初が 承久の乱1221年ですね。

そのあたりの歴史も大河ドラマでは描かれるのでしょうね。

今年一年間は

鎌倉時代 Период Камакура のことについても少し調べてみることにしましょうか。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2022年1月18日 (火)

コーヒー 男性名詞でも中性名詞でもOK!

кофе は еで終わる名詞だから、中性名詞だと思ってしまいます。

ところが、

この単語は男性名詞として扱われていましたね。

これには理由があって、

コーヒーがロシアにもたらされた当初に

кофей

とつづられていたことが原因だとされています。

й終わりだから男性名詞ということです。

文法書にもはっきりと書かれています。

例えば、

『標準ロシア語 作文・会話教程』宇多文雄 東洋書店の7ページです。

そこには次のようにあります。

кофе「コーヒー」は昔кофейだったので今でも男性扱いです。

 

しかし、2009年にロシア教育科学省による取り決めを受けて

кофеは中性名詞として扱うことも許されるようになったとのことです。

言葉は時代とともに変わっていくんですね。

このことについては、

NHKラジオロシア語講座入門編2022年1月号p.49のコラム欄に掲載されています。

 

結論:кофе は男性名詞でも中性名詞でもOK!

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2022年1月17日 (月)

ロシア人の健康法~水浴び

NHKラジオロシア語講座入門編(1月17日放送分)にこんな文がありました。

 

Утром я обливаюсь холодной водой.

朝、私は冷たい水を浴びています。

 

単数造格形 холодной водой を学習するのがテーマですが、

обливаться / облиться にも注目ですね。

特に облитьсяの変化形にも注目です。

оболью́сь

обольёшься 

обольётся

обольёмся

обольётесь

оболью́тся

 

ついでに

обливать / облить の活用例も確認です。

【対格 】に【造格 】を浴びせかける、こぼす という使い方

Он нечаянно облил скатерть супом.

彼はうっかりテーブルクロスにスープをこぼしてしまった。

 

ついでのついでに

おそらくこれらの単語の元にはлитьという単語があるのだと思います。

лить 注ぐ

これらの関連単語をどんどん増やしていくのが、ロシア語の学習にはいいのかなと思ってます。

勝手に想像しながらマイペースでやってます。

入門編のどこでも役に立ちますね。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2022年1月 6日 (木)

反意語あれこれ

今日放送のNHKラジオロシア語講座応用編では反意語がでてきました。

今回紹介されたのは以下の単語でした。

 

храбрый трусливый 勇敢な 臆病な

хорошо плохо よい 悪い

лучше хуже よりよい より悪い
часто редко しばしば まれに
трудно легко 難しく 簡単に
добрый злой やさしい、親切な 意地の悪い
умный глупый 賢い 愚かな
これらの単語はおなじみのものでした。
これだけでは少し物足りないのでいくつか付け加えておきましょう。
бедный богатый 貧乏な 金持ちの
дешёвый дорогой 安い 高い
влажный сухой 湿っている 乾いている
истинный ложный 正しい 正しくない
живой мёртвый 生きている 死んでいる
глубокий мелкий 深い 浅い
толстый тонкий 厚い 薄い
внутренний внешный 内部の 外部の
внутри снаружи 内側に 外側に
まだまだいっぱいあるでしょうが、今日はここまで!
にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »