2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

総合ランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« トルストイの思想(5) | トップページ | 不可解で不気味なロシア »

2022年2月18日 (金)

生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ

「ハムレット」の中の有名なセリフ

Быть или не быть, вот в чём вопрос.

生きるべきか、死すべきか、それが問題だ。

 

ここでの文法事項は、以下の通り。

 

вот+疑問詞  「まさに~、これこそ~」

指示内容を強調する文をつくる

指示される内容は「вот+疑問詞」の前にも後にも置かれることがある。

 

例文で確認します。

 

Я сделаю вот что. Я приду к ней и обьясню ей всё.

私がこうすることにしましょう。私が彼女のところに行ってすべてを説明します。

 

Вот с кем тебе надо посоветоваться — с профессором Ивановым! Ты знаешь профессора Иванова?

君が相談すべきなのは、ほかでもない、イワノフ教授です。君はイワノフ教授を知ってますか?

 

 

Быть или не быть, вот в чём вопрос.

生きるべきか、死すべきか、それが問題だ。

この名言そのものを記憶にとどめておこうと思います。

 

(今回の記事はNHKロシア語テキスト2月号p.106~107を参考にさせていただきました。)

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

« トルストイの思想(5) | トップページ | 不可解で不気味なロシア »

名言・ことわざ」カテゴリの記事

NHKロシア語テキスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トルストイの思想(5) | トップページ | 不可解で不気味なロシア »