2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

総合ランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« いじめから身を守る方法(続き) | トップページ | 風評被害 »

2023年9月 5日 (火)

いじめから身を守る方法(続き2)

ロシアの独立系メディア「メドゥーザ」の記事を引き続き読んでいきます。

 

Сначала стоит внимательно изучить вопрос. Помните, что травля бывает разной — и обижать ребенка могут в том числе взрослые

Важно понимать, что травля, или буллинг, — это систематическое психологическое или физическое насилие в ситуации дисбаланса власти. Это значит, что есть человек (или люди), который осуществляет насилие, и человек (или, опять же, группа), на которого травля направлена. Но еще, как рассказал «Медузе» психолог А., у травли есть свидетели. И это тоже травмирующая ситуация, поскольку дети испытывают страх оказаться на месте того, кого травят, или стыд — потому что боятся его защищать.

まずこの問題を注意深く研究する必要があります。いじめはさまざまであることを覚えておいてください。大人でさえも子どもをいじめることさえあります。

いじめは力の不均衡な状況下における組織的な心理的また身体的な暴力であることを理解するのが重要です。これは、暴力をふるう人(あるいは人たち)といじめが向けられる人(あるいはグループ)がいることを意味しています。しかしまた心理学者Aが「メドゥーザ」に語ったように、いじめには目撃者がいます。これもまたトラウマ的状況です。なぜなら、子どもたちはいじめられる立場になる恐怖やいじめられている人を守ることが怖いので恥も感じているからです。

【語句】

травля, или буллинг いじめ

ここでは、いじめの定義が述べられています。

そして、

いじめの場面には、する人、される人、傍観者の三者がいることが言われています。

 

ここまで、日本での捉え方と変わったところはありませんね。

 

травля とか  буллинг とか

「いじめ」にあたる同義語

忘れられない単語になりました。

やはり、毎日、同じ単語に接していると、自然に覚えてくるもんですね。

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

« いじめから身を守る方法(続き) | トップページ | 風評被害 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いじめから身を守る方法(続き) | トップページ | 風評被害 »