2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

総合ランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

単語(名詞)

2024年5月11日 (土)

単語の量を増やそう!

読解力をつけるには単語量がどうしても必要になってきます。

文法理解の正確さと単語量が車の両輪だと思います。

 

単語量を増やすにはいろんな分野の文章を読むことによって鍛えられていくと思います。

今日は、違った感じの文を読んでみたいと思います。

 

NHK отвечает на вопросы о том, как обеспечить безопасность нашей повседневной жизни. Ежегодно в Японии происходит несколько случаев гибели людей от ядовитых укусов шершней. Эти насекомые становятся более активны и агрессивны летом и осенью. В новой серии выпусков мы поговорим об экологии шершней и расскажем, о чем необходимо помнить, чтобы защититься от их жал.

NHKは私たちの日常生活の安全をどのように守るのかについての質問に答えています。毎年、日本では毒スズメバチに刺されて死亡するケースが数件発生しています。これらの昆虫は夏と秋により活発になり、攻撃的になります。新しいシリーズではスズメバチの生態についてお話しし、彼らの針から身を守るために覚えておかなければならないことについて説明しましょう

 

【語句】ここでは多くの未知の単語がでてきました。

ядовитых укусов шершней   スズメバチが毒をもって刺すこと

未知の単語の連続です。

この部分を分解していきましょう

яд 毒

ядовитый 毒の、有毒の、毒々しい、どぎつい

укус  アクセントは уку́с 噛むこと,刺すこと

 укуси́ть 【完了体】噛む、刺す

 у́ксус 酢 と間違わないように!

 

шершень (男性名詞)スズメバチ

насекомое 昆虫

жало (蜂などの)針

 

気分転換もかねて、違った分野の記事を読むことも大切ですね。

少なくとも1級受験のためには必須でしょう。

 

私も、最近、山歩きの途中で蜂を見つけることが増えてきました。

トカゲや蛇も出始めています。

わが身を守るためにもこの記事を読んでみましょう。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2024年5月 6日 (月)

なぜ日本人はVサインが好きなのか?(続き2)

Vサインにはこんな歴史があったんですね。

 

«V – Победа!»
Культуролог и антрополог Номура Масакадзу написал об этом жесте статью, которая была опубликована в журнале Chuo-Koron в 1991 году. Он объяснил, что обычай поднимать руку ладонью вперед, со средним и указательным пальцами в виде буквы V появился в Европе во время Второй мировой войны. Этот жест символизировал победу над нацистской Германией и солидарность между союзника

≪V – 勝利!≫

文化学者で人類学者の野村雅一はこの身振りについての論文を書き、それは1991年に雑誌『中央公論』に発表された。彼は中指と人差し指でVの字をつくり手のひらを前にして手を挙げる習慣は第二次世界大戦時にヨーロッパで現れたと説明した。この身振りはナチスドイツに対する勝利と連合国間での連帯を象徴していた。

 

【語句】

ладонь 手のひら

палец 指

 большой палец 親指

 указательный палец 人差し指

 средний палец 中指

 безымянный палец 薬指

 мизинец 小指

 指の種類を調べてみると、なぜか小指だけが全く違うつくりとなっているようです。

 それと、薬指が「無名の指」となっているのも面白いと思いました。

  

 

В 1960-х годах демонстранты в США начали использовать этот жест, призывая к миру во время войны во Вьетнаме.

1960年代にアメリカのデモ参加者たちがベトナム戦争のときに平和を訴えてこの身振りを使い始めた。

 

«Хиппи и антивоенные активисты в США делали этот жест в сторону полицейских. По главной версии, именно тогда и появился знак мира», – говорит Номура.

「アメリカのヒッピーや反戦活動家たちが警察に向かってこの身振りをした。有力な説として、まさにこのときピースサインが登場した。」このように野村は言っている。

 

・第二次世界大戦でのナチスドイツに対する勝利

・ベトナム戦争での反戦運動

Vサインはこんな出来事と関連していたんですね。

何事にもそれなりの歴史があるようです。

でも、日本でここまで広まったのは何故?

次回に続きます。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2024年3月 9日 (土)

小さな発見の積み重ねが大切

暇なときは、NHKラジオ講座のテキストを眺めています。

今日は、3月号巻末の「くらしのロシア語単語帳」を眺めていて、

おやっと思ったことがありました。

 

броня́ 鎧(よろい)

この単語は私は初めてでしたが、

どこかで見たような気も・・・・・と思っていたところ、やっぱりありました。

 

бро́ня  予約

アクセントが違いますが、綴りは同じです。

 

辞書で調べていると、

бро́ня は бронь と同じのようです。

 

бро́ня=бронь

 

こうなると、3月8日放送の例文のなかにもでていました。

отменить бронь  予約をキャンセルする

 

こうして、いろいろとつながってきます。

 

こんな小さな積み重ねが、きっと語学の学習にとっては、大事なことだと思います。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2024年2月23日 (金)

地球温暖化から地球沸騰化の時代へ

本日放送のNHK講座応用編に気になる時事用語が出ています。

第38課です。

 

эра «глобального кипения»

「地球沸騰化」の時代

 

глобальное кипение 地球沸騰化

この際、覚えておきましょう。

 

いままでにも何度かお目にかかっていた単語は

глобальное потепление 地球温暖化

 

地球沸騰化は国連事務総長が昨年言い出したことですね。

温暖化がますます強まっているようです。

時事用語はニュースを読む中でどんどん身につけていきたいものです。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

2023年10月22日 (日)

人道支援物資 この二つの違いは?

人道的 гуманитарный という単語が、最近、よく出てきます。

 

Грузовики с грузами гуманитарной помощи прибыли в сектор Газа

人道援助物資を積んだトラックがガザ地区に到着した。

 

В ООН выразили удовлетворение в отношении доставки грузов с гуманитарной помощью в сектор Газа

国連でガザ地区への人道援助物資が届けられたことに関して満足が表明された。

 

ここで注目したのは、「人道援助物資」を意味するこの二つの表現の違いです。

грузами гуманитарной помощи

 гуманитарная помощь (人道援助)の生格

 

грузов с гуманитарной помощью

 гуманитарная помощь (人道援助)の(c+)造格 

 

この違いはどう説明されるのでしょうかね?

ロシア語の専門家に聞いてみたいものですが・・・・。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2023年10月20日 (金)

面白い両性名詞

昨日に引き続き、両性名詞について考えます。

NHKテキスト10月号99ページに載ってます。

 

形容詞からつくられた両性名詞

жадина 欲張り  ← жадный 欲張りな、貪欲な

тихоня 内気な人 ← тихий 静かな、おとなしい

злюка 意地悪、怒りんぼ ← злой 悪い、意地の悪い

хитрюга ずるい人 ← хитрый ずるい、狡猾な

 

動詞からつくられた両性名詞

знайка 物知り ← знать 知る

работяга バリバリ働く人 ← работать 働く

самоучка 独学する人 ← учиться 勉強する

малоежка 小食の人 ← есть 食べる

 

元となった形容詞や動詞は馴染みのある単語ばかりですが、

そこからできた両性名詞となると、私にとっては初登場です。

ロシア人と話す機会がないわけですから、無理もないことですね。

いつかこんな単語もバリバリ使って、ロシア人と話もしてみたいものです。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2023年10月14日 (土)

人質 ~ 覚えたくない単語もあります

ときどき、こんな単語が出てこないようにと願うことがあります。

たとえば、

人質 заложник

 

По мнению эксперта, вопрос о заложниках является второстепенным по сравнению с наземным наступлением

専門家の意見によると、人質問題は地上攻撃に比べると二次的なものである。

 

заложник(人質)・・・・私にとって初登場の単語でしょう。

そして、忘れにくい単語となりました。

 

イスラエルによる地上攻撃が迫っているようです。

人質救出などより地上攻撃が優先されるのでしょうか?

私も2005年にイスラエルに旅行したことがあるので、

とても気になります。

あの紛争、どうにもならないんですかね?

恨みが恨みを生んで、ますます泥沼化しそうで残念です。

また、ここも旅行できる場所じゃなくなりましたね。

世界中で行ける場所がどんどん少なくなっていくようです。

世界の平和度が下がってきているのが心配です。

ロシア・ウクライナ衝突やイスラエル・パレスチナ紛争が

突発的な第三次世界大戦の前哨戦ではありませんように!

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2023年10月13日 (金)

略語や固有名詞のわずらわしさ

固有名詞や略語が使われている場合、訳す際に気をつかう必要があります。

 

Генеральный секретарь кабмина Японии осудил действия палестинских боевиков в качестве «террористических атак»

日本の内閣官房長官はパレスチナの戦闘員の行動を「テロ攻撃」と非難した。

 

この場合の Генеральный секретарь は官房長官

 

Генсек кабинета министров Японии вновь осудил атаки со стороны ХАМАС и других палестинских боевиков на Израиль

日本の内閣官房長官はハマスやその他のパレスチナ人戦闘員によるイスラエルの対する攻撃を再び非難した。

 

この文では、Генеральный секретарь の部分が

Генсек と略語になっています。

また、

ここの кабинет министров が前の文では

略語の кабмин となっています。

Генсек ООН: должна быть разрешена доставка гуманитарной помощи для сектора Газа

国連事務総長:「ガザ地区への人道援助の供給は許可されなければならない」

 

さらにこの文では

Генсекは官房長官ではなく、事務総長でしょう。

このように時事ロシア語を読む場合、固有名詞をしっかり知っておく必要があります。

これがロシア発のメディアを読む場合、非常に大きな難問となります。

ロシア独自の組織や制度があって、なかなか読み進めることができないのです。

 

だから、私のこのブログでも

ロシアメディアからよりも日本のNHKニュースが多用されることになります。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2023年10月10日 (火)

「利害関係者」、「当事者」をロシア語で言うと

私にとっては、どうでもいいことですが・・・・

 

Группа заинтересованных лиц требует от агентства талантов Johnny & Associates провести еще одну пресс-конференцию

関係者たちはタレント事務所ジャニーズに対してもう一度記者会見をするように要求している。

 

【語句】

заинтересованный 興味関心を有する、利害関係を有する

заинтересованные лица 利害関係者、当事者

требовать от (+生格) (~に)求める

 

毎日、このニュースばかりで少しうんざりしてきました。

私にとっては、ロシア語学習に役立てる以外に興味はありません。

заинтересованные лица ではないからですね。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2023年9月20日 (水)

バブル経済時代を象徴した巨大観音像

Японский пейзаж усеян гигантскими статуями богини Каннон, которая в буддизме олицетворяет милосердие и сострадание. Многие из этих статуй были поставлены на частные средства в эпоху экономики «мыльного пузыря» в 1980-е годы, однако теперь эти дары местным сообществам превратились в источники расходов и проблем.

日本の風景には仏教で慈悲や慈愛を象徴する女神である観音様の巨大な像が点在している。これらの像の多くは1980年代のバブル経済の時代に私財を投じて建てられたものだが、今や、これらの地元社会への贈り物は出費やもめごとの源となってしまった。

【語句】

усеивать / усеять  まき散らす

  сеять / посеять  種をまく、広める

богиня 女神

олицетворять / олицетворить  (思想・感情を)具象化する、具現する、

милосердие 慈悲、あわれみ

сострадание 同情、哀れみ

мыльный пузырь  石鹸の泡、バブル

в эпоху экономики «мыльного пузыря» 「バブル」経済の時代に

 

私もはるか昔に淡路島にあった巨大観音像を見に行ったことがありました。

中にも入れました。

でも、今や、解体されているとか。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

より以前の記事一覧