最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ロシア語関連ブログランキング

  • ロシア語ランキング

書籍

2018年6月24日 (日)

ロシア語だけの青春教師編4章

世の中は大きく変わっていった。

1989年、ベルリンの壁の崩壊

1991年、ソ連の崩壊

このなかでもミールでのロシア語学習者は増えることはあっても減りはしなかった。

ただ、テキスト『標準ロシア語入門』の内容は現実から次第に離れていった。

例えば、

pencil

「ソ連では新学期は9月に始まります」

「ソ連」を「ロシア」に変更

pencil

「ソ連には15の共和国があります。」

「あります」を「ありました」に変更

shine

確かに、ロシア語ほどその国の歴史を考えさせられる外国語はないですね。

私も古いロシア語学習書が何冊か手元にありますが、

コルホーズとかの単語がでています。

今の若い人が読めば、それ何?っていう感じですよね。

shine

黒田さんは、大学院生時代、ロシア語をはじめ多くのスラブ語を学ぶことに夢中になっています。

論文を書くような語学の研究ではありませんでした。

それよりも通訳や教育に力をいれました。

そのときから実践的だったんですね。

shine

大学の非常勤講師もするようになりました。

そこで大学生は見返りを求めて勉強することを知ります。

単位であるとか、卒業だとか。。。。

資格試験も級やスコアを争い、人に見せびらかすものになってしまっている。

ミールは見返りなんてなかった。

ひたすらエンドレスに学んでいくだけ。

そこには「本物」の学習があった。

大学での学習・教育は基本的にこれとは違う。

ミールと違う方法を模作しなければならないようです。

shine

確かに、「本物」まで求める人は少ないでしょうね。

さらに、それが実現できる人はさらに少ない超優秀な希有な人でしょう。

凡人にとっては資格試験もひとつのモチベーションとして重要な要素だと思っています。

私の地元にミールのようなものはありませんから・・・・・。

(参考文献)

『ロシア語だけの青春』の構成

プロローグ:東京の真ん中にロシアがあった

第一部 生徒として

 第一章 ヘンな高校生の「入門」

 第二章 笑えない笑い話との格闘

 第三章 一生のバイブルとの出合い

 第四章 途中から参加するドラマ

 第五章 永久凍土と間欠泉

 第六章 拝啓、グエン・バン・リン書記長殿

第二部 教師として

 第一章 M物産への出張講義

 第二章 22の不幸を笑わない

 第三章 再びヘンな高校生の登場

 第四章 レニングラードからペテルブルクへ(今日のブログで紹介

第三部 再び教師として

 第一章 突然の閉校

 第二章 最後の講師として

エピローグ:他のやり方は知らない

shine


にほんブログ村

2018年6月23日 (土)

ロシア語だけの青春教師編3章

発音練習と暗唱の繰り返しがミールでの学習法です。

文法的な質問をするのは(特に、ポイントを外した質問)などは邪道。

それは初級者の上達には役立たない。

というか、自分のプライドを守るための防衛反応かもしれない。

ともかく、

発音と暗唱の繰り返しなのだ!

そこで、個性など発揮しようがない。

会話能力を身につけるには大学や大学院に行ってもダメで、

ミールにようなところで訓練するしかない。

shine

ミールにはさまざまな生徒がいた。

高校生でありながらミールに通っている生徒がいた。

黒田さんは自分の高校生時代を思い出しながら教えていた。

普通の学校生活とは無縁の社会人の集まる場所で勉強したこと自体が

貴重な体験で、財産になっていることだろう。

(参考文献)

『ロシア語だけの青春』の構成

プロローグ:東京の真ん中にロシアがあった

第一部 生徒として

 第一章 ヘンな高校生の「入門」

 第二章 笑えない笑い話との格闘

 第三章 一生のバイブルとの出合い

 第四章 途中から参加するドラマ

 第五章 永久凍土と間欠泉

 第六章 拝啓、グエン・バン・リン書記長殿

第二部 教師として

 第一章 M物産への出張講義

 第二章 22の不幸を笑わない

 第三章 再びヘンな高校生の登場(今日のブログで紹介

 第四章 レニングラードからペテルブルクへ

第三部 再び教師として

 第一章 突然の閉校

 第二章 最後の講師として

エピローグ:他のやり方は知らない

shine


にほんブログ村

2018年6月21日 (木)

ロシア語だけの青春教師編2章

教師編第二章のタイトルは「22の不幸を笑わない」です。

本章を読み終えるまでは、その意味が全くわかりませんでした。

shine

貝澤哉(はじめ)さんも黒田さんもミールの講師をするようになります。

優秀な生徒だったため、すぐに生徒から先生になったのです。

先生となってもミール方式で講義をしていくが、笑いの要素を重視されたとか。

笑いながら学習できるにこしたことはないですね。

でも、それは人柄によるので、自然とできるのはさすがですね。

黒田さんは多作で、面白い本が多いというのも

その頃から培ったやり方に関連しているのかもしれません。

shine

ただ、「生徒の発音を笑わない」ということは守っていたそうです。

コレは重要ですね。

本人は一生懸命発音しているつもりなのに、笑われると、さすがに辛いです。

shine

ある生徒さんは、子音の連続の発音が苦手だったようです。

例えば、数字の22 (двадцать два)

その生徒さんは、д とв の間に 母音の оの音がどうしても入ってくるのです。

(実は、私もそんな感じになっていると思います。)

黒田さんはそれを聞くとおかしくて笑いそうになるんですが、

我慢していたとのことです。

これで、やっとここで本章のタイトル「22の笑い」の意味がわかりました。

(参考文献)

『ロシア語だけの青春』の構成

プロローグ:東京の真ん中にロシアがあった

第一部 生徒として

 第一章 ヘンな高校生の「入門」

 第二章 笑えない笑い話との格闘

 第三章 一生のバイブルとの出合い

 第四章 途中から参加するドラマ

 第五章 永久凍土と間欠泉

 第六章 拝啓、グエン・バン・リン書記長殿

第二部 教師として

 第一章 M物産への出張講義

 第二章 22の不幸を笑わない(今日のブログで紹介

 第三章 再びヘンな高校生の登場

 第四章 レニングラードからペテルブルクへ

第三部 再び教師として

 第一章 突然の閉校

 第二章 最後の講師として

エピローグ:他のやり方は知らない

shine


にほんブログ村

2018年6月18日 (月)

ロシア語だけの青春教師編1章

黒田さんは大学3年生のときにM物産(三井物産でしょうね)にアルバイトに行きます。

ミール方式で年上の忙しい会社員に教えることになります。

shine

外国語習得は一定の時間が割けなければ絶対にモノにならないといいます。

時間が充分に取れない場合は

語学は最初から始めないほうがいいとも言います。

shine

そうかもしれませんね。

覚える量が忘れる量を上回り続けなければ成功しないはずです。

そして、現在、私が実感しているところですが、

年を取れば取るほど、語学学習は難しくなってきます。

忘れる量がぐっと増えるからです(笑)。

shine

私自身、よくあきらめないで、ここまできているものだと自画自賛!

自分自身少し驚いています。

だって、ロシア語を知ったところで何の得にもならないんですよ。

完全に自己満足の世界ですからね。

ただ、検定2級までは受かりたいとも思っています。

そういう意味で検定の存在は大きいですね。

shine

黒田さんはこのアルバイトを通して

教育方法を実体験を通して学ぶことができたようです。

年上の人を相手にするすべも少しわかったかもしれません。

この経験が以後役に立つようです。

それにしても、大学3年生から大人相手にロシア語を教えることを任されるなんて、

やはり、黒田さんはこの頃から優秀なミールの生徒、ロシア語話者だったんですね。

(参考文献)

『ロシア語だけの青春』の構成

プロローグ:東京の真ん中にロシアがあった

第一部 生徒として

 第一章 ヘンな高校生の「入門」

 第二章 笑えない笑い話との格闘

 第三章 一生のバイブルとの出合い

 第四章 途中から参加するドラマ

 第五章 永久凍土と間欠泉

 第六章 拝啓、グエン・バン・リン書記長殿

第二部 教師として

 第一章 M物産への出張講義(今日のブログで紹介

 第二章 22の不幸を笑わない

 第三章 再びヘンな高校生の登場

 第四章 レニングラードからペテルブルクへ

第三部 再び教師として

 第一章 突然の閉校

 第二章 最後の講師として

エピローグ:他のやり方は知らない

shine


にほんブログ村

2018年6月17日 (日)

ロシア語だけの青春生徒編6章

ミールの教授陣たちもそうそうたるメンバーがいた。

創設者の東一夫先生、東多喜子先生、。。。。。

ソ連の新聞の講読もすることもあった。

例えば、

ベトナム共産党書記長グエン・バン・リン書記長がソ連を訪れた際のゴルバチョフ書記長の歓迎挨拶

東一夫先生の厳しい指導のもと、くじけるどころか、ますますやる気満々になってくる。

この辺が凡人との違いですね。

shine

自由トークでの指導もあった。

そのとき、黒田さんは東一夫先生にミールの歴史を聞く。

(やはり、黒田先生は基本的に歴史好きなんですね。)

東先生は喜んで延々と説明をする。

当初、別の場所で教室を開設していた。

スプートニク・ブームもあり、床が抜けるぐらいのたくさんの生徒がいたそうです。

(ロシア語ブームはこのときが最高潮だったのかもしれませんね。)

そこで、代々木のビルに移ってきたとのことです。

今やロシア語の学習者の数は・・・・・

悲惨な状況になっているのではないかと思います。

shine

東一夫先生はタバコをよく吸う。

何故かと尋ねると、ソ連では娯楽がないからだという。

東先生は、日本人というより、ソ連人に近い人だったようですね。(笑)

shine

東先生からもらった忠告のなかで鮮明に記憶に残っている言葉ある。

研究者になるなら長生きしなければダメですよ、と言ってくださったようです。

詩人なら良い詩を書いて死んでもいいが、

研究者は結果を出すのに時間がかかるから長生きしなければならない。

黒田さんはこれを肝に銘じているようです。

shine

東一夫先生は、2005年に85歳で亡くなられています。

(参考文献)

『ロシア語だけの青春』の構成

プロローグ:東京の真ん中にロシアがあった

第一部 生徒として

 第一章 ヘンな高校生の「入門」

 第二章 笑えない笑い話との格闘

 第三章 一生のバイブルとの出合い

 第四章 途中から参加するドラマ

 第五章 永久凍土と間欠泉

 第六章 拝啓、グエン・バン・リン書記長殿(今日のブログで紹介

第二部 教師として

 第一章 M物産への出張講義

 第二章 22の不幸を笑わない

 第三章 再びヘンな高校生の登場

 第四章 レニングラードからペテルブルクへ

第三部 再び教師として

 第一章 突然の閉校

 第二章 最後の講師として

エピローグ:他のやり方は知らない

shine


にほんブログ村

2018年6月15日 (金)

ロシア語だけの青春生徒編5章

ソ連からの観光客に通訳アルバイトをしていたときのエピソードも語られます。

shine

名所旧跡案内をしてもあまり熱心に聞いてくれないのだそうです。

そして、黒田さんの個人的なことに興味を示したとのことです。

これについては、旅行好きの私はよくわかります。

外国へ行ったときにその国の普通の人の考え方や感情を知ることで

その国そのものをより実感してわかったような気になるのです。

観光地のことならガイドブックにある程度のことは書いてありますからね。

ガイドは観光地の特色でなく、等身大の自分をあけっぴろげに紹介する・・・・

これ、正解ですね。

shine

あらゆる単語が通訳には必要。

永久凍土や間欠泉といった単語まで出てくる可能性はあるということで、

黒田さんは必死にありとあらゆる単語を覚えていったそうです。

ちなみに、

永久凍土 вечная мерзлота

間欠泉 гейзер

shine

黒田さんは東大の大学院生となりますが、ミールでの学習はやめなかったようです。

ミールで覚える単語は大学院でもお目にかからないようなものもあったようです。

shine

(参考文献)

『ロシア語だけの青春』の構成

プロローグ:東京の真ん中にロシアがあった

第一部 生徒として

 第一章 ヘンな高校生の「入門」

 第二章 笑えない笑い話との格闘

 第三章 一生のバイブルとの出合い

 第四章 途中から参加するドラマ

 第五章 永久凍土と間欠泉(今日のブログで紹介

 第六章 拝啓、グエン・バン・リン書記長殿

第二部 教師として

 第一章 M物産への出張講義

 第二章 22の不幸を笑わない

 第三章 再びヘンな高校生の登場

 第四章 レニングラードからペテルブルクへ

第三部 再び教師として

 第一章 突然の閉校

 第二章 最後の講師として

エピローグ:他のやり方は知らない

shine


にほんブログ村

2018年6月14日 (木)

ロシア語だけの青春生徒編4章

いよいよ、外国語を話せるようになる秘訣が明らかにされます。

「どんなテキストにせよ、訳出した後に口頭で、日本語から外国語へ訳す練習をすれば、必ず実力がつく。家で辞書を引いてくる作業は、外国語学習の準備にすぎない。和訳を確認した後で暗唱するのが勉強」

その際にも、

発音とウダレーニエ(アクセント)は大変重要!

shine

個人的な出会いも述べられています。

そのなかで、筆塚真理子さんという方のことが述べられています。

四国の徳島県出身の方というではありませんか。

私の同郷人です。

推察するに、私より少しだけ年上の方だったようです。

黒田さんは彼女と一緒に通訳などのアルバイトもしたことがあったそうです。

しかし、、彼女は52,53歳で亡くなったとのことです。

黒田さんが21世紀になって泣いたのはこのときだけとのことです。

どんな人だったのでしょう?

同郷人だけに、やけに気になります。

このとき、筆塚真理子さんは徳島県関係者で一番ロシア語がうまい人だったかもしれませんね。

(参考文献)

『ロシア語だけの青春』の構成

プロローグ:東京の真ん中にロシアがあった

第一部 生徒として

 第一章 ヘンな高校生の「入門」

 第二章 笑えない笑い話との格闘

 第三章 一生のバイブルとの出合い

 第四章 途中から参加するドラマ(今日のブログで紹介

 第五章 永久凍土と間欠泉

 第六章 拝啓、グエン・バン・リン書記長殿

第二部 教師として

 第一章 M物産への出張講義

 第二章 22の不幸を笑わない

 第三章 再びヘンな高校生の登場

 第四章 レニングラードからペテルブルクへ

第三部 再び教師として

 第一章 突然の閉校

 第二章 最後の講師として

エピローグ:他のやり方は知らない

shine


にほんブログ村

2018年6月12日 (火)

ロシア語だけの青春生徒編3章

自分にとってバイブルとなる本に出会う。

これが語学習得にとって重要かもしれません。

若き日の黒田龍之助先生もこれに出会いました。

それは、

東一夫・東多喜子共著 『改訂版 標準ロシア会話』 

残念ながら、現在は、絶版だそうです。

ここでも、

暗唱の重要性が語られます。

最近では、調べ学習やらプレゼン能力が叫ばれているが、

暗唱、暗記の基礎がなければ、そんなことができるはずはないと言います。

その通りでしょうね。

勉強のやり方についても、流行に流される傾向がありそうね。

でも、そこには、新しいことを取り入れることで自分の存在意義を確かめるというような役人根性も少し感じてしまいます。

annoy

黒田さんは某私大の史学科から四谷の大学(上智大学かな)のロシア語学科に編入します。

20歳のときでした。

そして、ますますロシア語漬けの日々を過ごすことになります。

さて、今後の展開は如何に?

(参考文献)

shine

『ロシア語だけの青春』の構成

プロローグ:東京の真ん中にロシアがあった

第一部 生徒として

 第一章 ヘンな高校生の「入門」

 第二章 笑えない笑い話との格闘

 第三章 一生のバイブルとの出合い(今日のブログで紹介

 第四章 途中から参加するドラマ

 第五章 永久凍土と間欠泉

 第六章 拝啓、グエン・バン・リン書記長殿

第二部 教師として

 第一章 M物産への出張講義

 第二章 22の不幸を笑わない

 第三章 再びヘンな高校生の登場

 第四章 レニングラードからペテルブルクへ

第三部 再び教師として

 第一章 突然の閉校

 第二章 最後の講師として

エピローグ:他のやり方は知らない

shine


にほんブログ村

2018年6月11日 (月)

ロシア語だけの青春生徒編2章

某私大の史学科を受験し、合格発表が来たまさにその日に、

まず向かったのがミール・ロシア語研究所。

半年ぶりのことでした。

大学合格より、ロシア語学習が再開できるほうがうれしかったのですね。

異常にまでロシア語に惹かれていた若者の様子が想像できます。

やはり、これぐらいの気持ちがないと、大成はできないのかもしれませんね。

「入門科」から「予科」に進級し、ますます興味を持って勉強していきます。

予科の先輩に貝澤哉(はじめ)さんがいた、とあります。

この貝澤さんは、私の愛読書のひとつであるこの本の著者ですよね。

当時のミール・ロシア語研究所はそうそうたるメンバーが集っていたんですね!

ミールは週2回の授業でした。

これが大きかったとの記述もあります。

確かに、語学の上達は毎日毎日の積み重ねしかない気がします。

特に私のように年をとればなおさらです。

覚えるより、忘れることが増えますから。

黒田さんは本科への進級試験に合格し、

貝澤さんとともに「予科」から「本科」に進級します。

黒田先生、19歳のときでした。

さて、今後の展開はどうなる?

(参考文献)

shine

『ロシア語だけの青春』の構成

プロローグ:東京の真ん中にロシアがあった

第一部 生徒として

 第一章 ヘンな高校生の「入門」

 第二章 笑えない笑い話との格闘(今日のブログで紹介

 第三章 一生のバイブルとの出合い

 第四章 途中から参加するドラマ

 第五章 永久凍土と間欠泉

 第六章 拝啓、グエン・バン・リン書記長殿

第二部 教師として

 第一章 M物産への出張講義

 第二章 22の不幸を笑わない

 第三章 再びヘンな高校生の登場

 第四章 レニングラードからペテルブルクへ

第三部 再び教師として

 第一章 突然の閉校

 第二章 最後の講師として

エピローグ:他のやり方は知らない


にほんブログ村

2018年6月10日 (日)

ロシア語だけの青春生徒編1章

黒田龍之助先生が若かりし頃、

在りし日のミール・ロシア語研究所で一番たたき込まれたのが、

発音 と ウダレーニエ(アクセント)

何度も何度も繰り返し、練習させられたとのこと。

発音練習は日本人教師の方が適切だとも。

ロシア人教師なら発言内容を重視するあまり、発音までは遠慮してなかなか指摘までしてもらえないとか。

なるほど。

高校三年のとき、通ったミール・ロシア語研究所。

発音の重要性を徹底的に感じさせられた当時の黒田君(失礼)は、大学受験後に再びここに戻って来るとこを決意し、しばらくお休みすることになります。

shock

発音!

その重要性は私も実感しているのですが、

これが困ったことに、

田舎者の独学者では、この弱点を解消する方法が見つからないんですよね。

残念!

何か良い方法はありませんかね?

(参考文献)

shine


にほんブログ村