無料ブログはココログ

ロシア語関連ブログランキング

  • ロシア語ランキング

ロシア語能力検定

2018年11月23日 (金)

2級は不合格

ロシア語能力検定試験(2級)の結果が届きました。

10月6日に東京で受験していました。

残念ながら、今年も、不合格でした。

私の結果について、

送られてきた成績表で去年と今年を比べてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                 去年 → 今年

1 文法(100点満点)   80点 → 61点

2 露文和訳(50点満点) 44点 → 45点

3 和文露訳(50点満点) 38点 → 40点

4 聴取(50点満点)     点→ 10

5 口答作文(50点満点) 15点 → 37点

総合点(300点満点)    183点 → 193点

判定              不合格 → 不合格

annoy

合格するには、5つの分野すべてで60%以上の正解が条件です。

私は4つの分野では合格基準を達成していますが、一つの分野で全くダメでした。

やはり、予想通り、【聴取】です。

ただ、去年は二つの分野でダメでした。

それが、今年は一つの分野だけになりました。

一歩前進!

ということで満足するしかないですね。

聞き取りの力をつけるという課題がいよいよはっきりしました。

なんとか、対策して次回に備えたいと思っています。

1年後のことですよ(笑)。

さて、どうなることやら・・・・・

notes


にほんブログ村

2018年10月 7日 (日)

ロシア語検定2級試験 受験体験記

昨日、ロシア語能力検定試験(2級)を受験してきました。

会場は東京ロシア語学院(世田谷区経堂)です。

広い会場には20歳代の若者が多くいました。

なかに40歳代以上と見受けられる方もちらほら見かけました。

私が最高齢であったかどうかは見た目だけではわかりませんが、

でも、最高齢に極めて近いことは感じました(笑)。

flair

テストを受けるということは、

最近、緊張感のない生活を送っている私にとって、

久しぶりの緊張を味わえる貴重な機会です。

テストに受かろうが、落ちようが、

何の損得もなく、

私のその後の生活に何の変化もないんですけど、

やはり、試験ともなるとその雰囲気に緊張しますね。

これが感受性の鈍った年寄りには良い刺激になります。

少し大げさに言えば、試練を楽しむといった感じでしょうか?

annoy

去年に続いて2度目の2級受験だったので会場には迷わずに行けました。

(一昨年には3級受験で行ったので、3度目の同じ会場訪問でした。)

shine

さて、試験は5分野からなっています。

合格のためには5分野ともに6割以上の正答が必要ということです。

午前10時から2時間で次の3つの分野の筆記試験がありました。

one 文法

two 露文和訳

three 和文露訳

この分野は去年も合格点は取れていたし、

今年も大丈夫ではないかと思っています。

(ホントに大丈夫なのか?)

10分間の休憩後に2つの分野のテストです。聴取と口頭作文です。

four 聴取

2分間ほどのロシア語文章が3回繰り返して朗読され、

その内容を聞き取り、日本語でできるだけ詳しく書くというものです。

これが、やはり、私の苦手な分野であることがはっきりわかりました。

去年は何故か音そのものがよく聞こえなかったので、

(実は、ここ数年の健康診断では、軽度の難聴です。)

今年は前の方に座りました。(座席は自由席です。)

それで音そのものは良く聞こえました。

ただ、内容をメモしていくうちに、話は次の展開へと移り、

どうも内容がうまく捉えられません。

メモを取らずに、

ロシア語の音の流れそのものを頭に焼き付けていくような方法

もあるのかなと、テスト中に思いました。

(そんなこと、テスト中に思ったらダメですよね。)

five 口頭作文

「スポーツについて」というテーマがその場で与えられました。

10分間の準備時間を与えてくれ、

その後、

3分間を限度に自分が言いたいことをICレコーダーに

ロシア語で吹き込みます。

最後に、その記憶チップを提出し、試験は終了です。

私は趣味の一つである「山歩き」について話したのですが、

果たしてうまくいったかどうか、これも自信があまりありません。

3分の内、2分10~20秒ほどしか言えなかったような気がします。

そもそも、「山歩き」はスポーツなんでしょうかね?

でも、実際にやっていないスポーツについては全くしゃべれないし、

そうするしかありませんでした。

spa

全体的には去年よりは感触は良かったのですが、

特に、聴取に課題があり、

今年も相当難しいのではないかと思っています。

punch

今後の課題【聞き取りの力をつける】の発見はできました。

ただ、解決のための方策の発見はできていません。

さて、これからどうなることやら、・・・・・。

でも、ロシア語の勉強そのものはこれからも続けていきます(きっぱり)。

私は、もちろん、『ロシア語だけの青春』ではありませんでしたが、

ロシア語を勉強していると、

学生時代のあれやこれやの出来事がふと思い浮かんで来ることがあるんです。

この年になると、それが懐かしくて、

さまざまなことを思いだしながらの、ちょっと秘密めいた楽しい学習です。

以上、今年の受験体験記でした。


にほんブログ村

2017年11月23日 (木)

予想通りの検定2級結果

結果が到着しました。

ロシア語能力検定2級の試験結果です。

結論から言って、予想通り、不合格でした。

得点もほぼ予想通りでした。

私の結果

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1 文法    80点(100点満点)

2 露文和訳 44点(50点満点)

3 和文露訳 38点(50点満点)

4 聴取     点(50点満点)

5 口答作文 15点(50点満点)

総合点    183点(300点満点)

判定      不合格

合格するには、5つの分野すべてで60%以上の正解が条件です。

私は3つの分野では合格基準を達成していますが、二つの分野で全くダメでした。

sharp この結果をどう考えるか?

一言で言って、独学の限界を感じています。

文法やら読解やらは本を読んで自分である程度は勉強できます。

ところが、聞き取りと口答作文(スピーキング)は相手がいなければ、なかなか前へ進みにくいようです。

music 聴取が全くわかりませんでした。

大教室の後ろの方に座っていたのが関係したのか、

耳が遠くなったのかと思うほど、よく聞こえませんでした。

次回は、前の方に座った方が良いのかもしれません。

despair 口答作文 

発音をよくする必要がありそうです。

それに、日記をロシア語で書くなど、

普段の生活のなかでもっとロシア語と親しくする必要もありそうです。

が、その対策もなかなか一人では良い方法も思いつきません。

sign01

ともかく、今年は惨敗でした。

来年、再挑戦したいと思っています。

ロシア語と縁のない片田舎の人間がひとりでどこまでやれるか実験再開です!


にほんブログ村

2017年10月 7日 (土)

撃沈!タッチアンドゴー!

今日、2級の試験がありました。

結論から言って撃沈です。

採点基準は、

5つの分野で6割以上の正解で合格です。

文法と露文和訳と和文露訳は合格点は取れたのではないかと思います。

しかし、聴取と口頭作文ができませんでした。

また来年ですね。

しかし、田舎暮らしで、しかも独学で大丈夫なのかな?

今、羽田空港からです。

初体験がひとつありました。

前の日から東京に来ていました。

田舎から羽田空港に飛ぶ飛行機が珍しい体験をしました。

タッチアンドゴー

というのだったのでしょうか。

羽田空港着陸で車輪が地面についたかと思った瞬間、急にエンジン全開!

再び飛び上がったのです。何があったかわかりません。

普段は決して飛ばない

都心のど真ん中の上空を飛んでいきます。

東京スカイツリーをまじかに眺めて都心上空を急上昇!

緊張しましたね。

しばらく機内は沈黙の時間が続きます。

5分ほどたってからでしょうか、機長から機内放送がありました。

安全のため、着陸をやり直すとのことです。

このとき何が起こっていたのか知るすべはありませんが、緊張したのは事実です。

2級試験は撃沈しましたが、

飛行機が撃沈しなかっただけでも良かったと思っておきましょう(笑)

詳しいことはまた後日!


にほんブログ村

2017年8月19日 (土)

そろそろ本格的に

ロシア語の勉強、ちょっと夏休みしてました。

また、

シベリア旅行記のホームぺージ作成に忙しく、ロシア語学習は滞っていました。

info01

シベリア(ウラン・ウデとイルクーツク)旅行記は、以下のホームページで順次更新中です。

ハシムの世界史への旅

annoy

昨日、ロシア語能力検定2級に申し込みました。

10月7日に試験があります。

検定に向けて本格的に勉強する必要がありそうです。

一番の難関は作文です。

そこで、『ロシア語作文の基礎』を久しぶりに開けてみました。

かなり忘れてます。

しっかり復習していこうと思いました 。

しかし、間に合うかな?


にほんブログ村

2017年6月20日 (火)

2級合格に向けたテキスト

次回のロシア語能力検定は10月7日(土)に予定されています。

去年10月に3級に合格したので、

今年は、2級を受験する予定です。

あと100日あまりとなっています。

そこで、今、受験勉強をしています。

テキストは、主に次の2冊の本でやっています。

作文に活かせるようにとの心がけでやっていますが、記憶力の衰えを感じています。

受験者のなかでは私が最高齢者かもしれませんね。

去年10月の3級受験者を見ても20歳代、30歳代が多かったような気がします。

ぼけ防止も兼ねて、受験勉強、がんばろう!!happy01

受かりたいな!2級! happy02

 


にほんブログ村

2016年11月23日 (水)

ロシア語能力検定3級合格!

happy01 

うれしい通知が届きました。

ロシア語能力検定3級の合格通知です。

2016年10月9日に行われた第68回ロシア語能力検定の結果発表です。

片田舎からわざわざ東京まで受験しにいった甲斐がありました。(6000円の受験料まで払って)

合格証書とともに、成績表が送られて来ました。

smile 

ロシア語能力検定試験(3級)は5つの分野での試験があります。

合格の条件は、そのすべての分野で6割以上の点数を取ることです。

pass

私の結果

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1 文法    95点(100点満点)

2 露文和訳 45点(50点満点)

3 和文露訳 37点(50点満点)

4 聴取    45点(50点満点)

5 朗読    36点(50点満点)

総合点    258点(300点満点)

判定      合格

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

book

この結果を受けて私自身の苦手分野も自覚できます。

和文露訳(ロシア語作文)と朗読がそれです。

朗読が悪いのは、発音が悪いからだと自覚しています。訓練する必要がありそうです。

和文露訳については、テーマ毎の例文を暗記するなどして作文能力を高めていかなければなりません。

good

来年の10月には2級を受験する決意を固めました。3級の合格通知を受け取って、2級合格を目指すこれからの学習に弾みがつきました。

でも、2級はかなり難しそうです。相当がんばる必要がありそうです。

clip

資料:今回の試験結果(平均点、最高点など)

資料:各級の説明


にほんブログ村

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31