2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ロシア語関連ブログランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

NHKロシア語テキスト

2021年1月 8日 (金)

日本の外国語学習の歴史と私

今日のNHKロシア語講座応用編を聞いていて思ったことがありました。

今月の応用編は、レフ・トルストイの娘の日本滞在記を読んでいるのですが、

そのなかでこんな指摘がありました。

解説者は黒岩幸子先生です。

 

外国語の読み書きができるが、さっぱり話せないという日本人が大勢いるということです。

(私は、読み書きのレベルも低いですが、どちらかというと、そのタイプです。)

これについては個人の問題ということだけでなく、

日本の外国語学習の歴史に関係しているという指摘が腑に落ちました。

つまり、

日本人が外国語を学んできたのは、外国人と話すためではなく、

知識を得ることを主な目的にしてきたのです。

日本人は、古代においては中国から仏教の経典を学び、近代においては欧米の書物を学び、

国家体制を築いてきました。

その結果、外国語学習の基本は、辞書を引いて和訳していく方法がとられてきました(訳読法)。

書き言葉と話し言葉が切り離されていたということです。

(そういえば、私たちの時代の大学入試もそうでした。圧倒的に、読み書き中心でした。)

 

私もそういった学習方法に慣れてしまっていたので、

話したり聞いたりするのが特に苦手になったのかもしれません。

なので、

このことは私の個人的な弱点であるだけでなく、

日本人の外国語学習方法の歴史に根を持った深い意味のある事なのかもしれません。

そんなことにも気づかせてもらいました。

 

その点、

ロシア語能力検定試験の主催者はこのあたりのことをしっかりとわきまえているようです。

従来型の筆記試験(文法、和文露訳、露文和訳)だけでなく、

2級や1級では、口頭作文や聴取といった(話す、聞く)のテストが取り入れられています。

総合力を問う現代的な試験方法となっているようですね。

本当の実力を身につけるため、

1級に挑戦する意味は大きいと思います。

今は、それに一歩でも近づきたいと思ってます。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2020年12月19日 (土)

形動詞の名詞化

宗教は生活の最重要な構成要素である。

 

先日、NHKロシア語講座応用編を聞いていると、こんな表現がでてきました。

12月18日放送分です。

 

Религия — важнейшая составляющая жизни.

宗教は生活の最重要な構成要素です。

 

ここでは、

составляющая  

に注目します。

これは能動形動詞現在形ですよね。

この後に何か名詞が続くのかと思いますが、それがありません。

 

それで辞書で調べてみると、

女性名詞として、составляющая  がでていました。

元の単語は

составлять  組成する、~の数字である

 

составляющая 構成要素、成分(女性名詞)

能動形動詞現在形が名詞化したものでしょう。

 

能動形動詞現在形が名詞化した例はいくつかあります。

「~する人」という意味で多く使われています。

 

例えば、

говорящий 話す人

пишущий 書く人

спрашивающий 質問者

отвечающий 回答者

 

今回出てきたのが、

составляющая 構成要素

能動形動詞現在形で「~する人」以外の使い方で出てきたのは、私にとっては初めてのような気がします。

面白い使い方なので頭に入れておきましょう。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2020年10月26日 (月)

NHKロシア語講座にもコロナの影響?

NHKラジオロシア語講座テキスト11月号の入門編を眺めていました。

こんな例文がありました。

 

Извините, где можно купить антисептик?

すみません、消毒液はどこで買えますか?

 

Скажите,пожалуйста,в нашей аптеке есть маски?

すみません、おたくの薬局にはマスクはありますか?

 

антисептик 消毒液、除菌剤

この単語は初めて知りました。

 

маска マスク 単数形 маски マスク 複数形

この単語はコロナ以降、ニュースサイトで初めて出会った単語だったと思います。

 

今回の入門編は新作なのでコロナ以降に制作されたテキストだと思います。

ロシア語講座の例文にもコロナの影響が感じられます。

 

それともう一つ初めて出てきた単語がありました。

Я скажу о вашей неприятной проблеме на ресепшн.

あなたの不快な問題についてレセプションに言いましょう。

 

ресепшн レセプション

この単語も私にとっては初登場でした。

手元の辞書で調べても載っていません。

英語から借用されたものだと思います。

ロシア語も英語の影響を大きく受けていることを改めて感じました。

 

このように入門編からも多くの新しいことを発見するので目が離せません。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2020年10月 3日 (土)

日本初のロシア語文法書1813年

日本で初めてのロシア語文法書の登場もゴロヴニンに関係しているようです。

1813年のことです。

日本に幽閉中のゴロヴニンからロシア語を学んだ人がいたようです。

そのなかには通訳や翻訳ができるまでになった日本人もいます。

そして、彼らのうちの一人は日本初のロシア語文法書まで書いていることを知りました。

蘭学者の馬場佐十郎(1787~1822)なる人物です。

彼は1813年に『魯語文法規範』6巻という文法書を書いているようです。

(応用編第8課の解説部分で紹介されています。)

1813年といえば、ゴロヴニンが幽閉から解放されてロシアに帰国した年ですよね。

頭のいい日本人もいたものですね。

日露関係史のなかにも私が知らないことがまだまだいっぱいありそうです。

ロシア語を学ぶと同時に隠れた歴史も知りたいと思っています。

 

10月2日放送分では、ゴロヴニンが捕まった場所が紹介されていました。

それは、国後島の泊湾(とまりわん)です。

ロシアでは、この地は今でも 

裏切り湾 залив Измены

と呼ばれているようです。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

2020年10月 1日 (木)

高田屋嘉兵衛とゴロヴニン

淡路島に「日露友好の像」があるといいます。

その像は、高田屋嘉兵衛とゴロヴニンが並んで立っているとのことです。

淡路島は比較的近いのでいつか見に行きたいと思います。

(応用編第7課の解説部分に書かれていました。)

 

この二人にどんな関係があるのでしょう?

高田屋嘉兵衛はゴロヴニンの解放に貢献したのでした。

ゴロヴニンは千島列島を測量していたディアナ号の艦長でした。

艦長を連れ去られた副艦長のリコルドは報復として1812年秋に国後島付近で日本の船を拿捕します。

回船業を営んでいた高田屋嘉兵衛はリコルドとともにカムチャッカへ行き、

交渉するなかで二人の間で信頼関係ができました。

そして、そして、ゴロヴニンは解放されます。

ゴロヴニンも高田屋嘉兵衛も母国に帰ることができたのでした。

この二人は日露友好の象徴的人物だったのです。

 

ゴロヴニンの『日本幽囚記』の原文を用いた応用編が今日から始まりました。

さっそく聞いてみました。

今回は「朗読に挑戦」というテーマもあるようです。

ラジオから流れてくる音を聞きながら、

私もリズミカルにロシア語が口から出るようになりたいものです。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2020年9月30日 (水)

ゴロヴニンの『日本幽囚記』

昨日、ふと立ち寄った本屋さんでNHKテキストを目にしました。

10月からは入門編も応用編も新作が登場するようです。

最近では両方とも新作というのはなかったのではないかと思います。

それだけロシア語学習人口が減っている予感がしていたので、

今回はなぜか少しうれしくなりました。

応用編を見てみると、

『日本幽囚記』という名の邦訳の原文が読めるようです。

早速購入しました。

ゴロヴニンは1811年に国後島で日本人に捕らえられ、1813年まで幽閉されます。

そこで見聞きしたことを帰国後に書き残したようです。

原題は以下のようなものです。

 

Записки флота капитана Головнина о приключениях его в плену у японцев в 1811,1812 и 1813 годах

1811年、1812年、1813年に日本人に捕らわれたことについてのゴロヴニン艦長の手記

 

この手記は1816年にサンクト・ペテルブルクで出版されています。

ほとんど手を加えずに原文のまま掲載されるようです。

ゴロヴニンの体験は北方領土問題の原点にも近い出来事です。

10月はこの応用編の予習復習もしていきたいと思っています。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2020年2月11日 (火)

日本領土の一部はロシアが第一発見者

今日のロシア語ラジオ講座の入門編でこんな話がありました。

沖縄本島から約400キロ東にある日本領土の一部、南大東島と北大東島についてです。

この島の第一発見者はロシアだったんですね。

ちょっと驚きです。

南北大東島は1820年にロシア船によって発見されたようです。

当時無人島であったこのふたつの島は、そのロシア船の名前「ボロジノ」をとって

острова́ Бородино́( ボロジノ諸島)と名付けられたのです。

ボロジノは、1812年のナポレオン戦争でのモスクワ近郊での「ボロジノの戦い」に由来します。

ロシア人による南北大東島の発見は、

ナポレオンがロシアに攻めてきて8年後のことだったんですね。

南北大東島にそんな歴史的背景があったとは初耳でした。

今回の入門編のシリーズは再放送ですが、

黒岩幸子先生の入門編、おおいに役に立ちます。

前にも一度聞いていたはずですが、聞き逃していたのかもしれませんね

もっと集中して聞かなきゃダメですね(笑)。

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

2020年1月27日 (月)

ウラジオストクの歴史

NHKのロシア語ラジオ講座の入門編でもウラジオストクがその舞台になっています。

今月号(2020年1月号)で知ったことをまとめてみました。

💢 ウラジオストクの始まり

Владивосток(ウラジオストク)という単語は二つの部分に分解できます。

влади と восток です。

влади は владеть(支配する、所有するの意味)の命令形で、「支配せよ!」の意味

восток は 「東」の意味。

したがって、

Владивосток は「東方を支配せよ」という意味になります。

実際、ウラジオストクの町の歴史は1860年に始まります。

ロシア海軍の輸送船が金閣湾に接岸して、水兵たちが集落を築いたのがその始まりです。

ところで、

支配するという意味がある「ウラジ」のつく都市がロシアにはもう一か所あります。

それが、「ウラジカフカス」

これは現在、ロシア連邦内の北オセチア・アラニア共和国の首都となっています。

こちらも19世紀にはロシア領となっているようです。

「ウラジ」はロシア帝国拡張の歴史とつながっているようですね。

さて、

1860年にできたウラジオストクですが、

1871年にはここがロシア艦隊の拠点となります。

同年、ウラジオストクと長崎の間に海底電線が敷かれました。

現在ではウラジオストク港は冬でも凍結しませんが、当時は凍結していました。

そこで、長崎がロシア艦隊の越冬地となりました。

多くのお金を落としてくれるロシア艦隊に対しては長崎の住民たちは好意的だったようです。

現在でも長崎港の対岸の稲佐村にはロシアの史跡が残っているようです。

1876年 ウラジオストクに日本貿易事務館が創設されます。

1891年 シベリア鉄道の建設が始まる。(全線開通は日露戦争中の1904年)

1899年 東洋学院が創立されます。(これが現在の極東連邦大学の前身です。)

日本語学科もあって実践的な教育が行われていたようです。

そのためこの大学出身者はまもなく始まる日露戦争(1904~1905)に従軍したようです。

1902年 ウラジオストクの日本人居住者は約3000人に増える。

(最高時には6000人の日本人がウラジオストクに住んでいたようです。)

1904~1905 日露戦争

1906年 ウラジオストクと福井県敦賀の間に週2便の定期船が就航します。

1912年5月 与謝野晶子がヨーロッパをめざし敦賀港から出発

与謝野晶子の歌「我が泣けば露西亜乙女来て肩なでぬアリヨル号の白き船室」

現在、極東連邦大学の敷地内には与謝野晶子の記念碑があるとのこと。

これもぜひとも見てみたいものです。

記念碑に刻まれている歌がこれ。

「いざ、天の日は我がために 金の車をきしらせよ」

パリにいる夫、与謝野鉄幹のもとへ向かおうとする晶子の情熱的な歌です。

当時は、シベリア鉄道が日本からヨーロッパへの最短ルートだったんですね。

現在では、ウラジオストクからモスクワまで6泊7日で行けるようです。

 

🚄 シベリア鉄道 

Транссибирская железнодорожная магистраль

ウラジオストクからモスクワまでの距離は9288キロ

それを示す記念碑がウラジオストク駅のホームに立っているらしいですね。

「偉大なるシベリア横断鉄道はここに終わる、モスクワからの距離9288キロメートル」

と書かれているみたいです。

現地に行って、ぜひとも、そのロシア語を確認してみたいと思ってます。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

2020年1月12日 (日)

複雑な構文

NHKロシア語講座応用編のテキストに目を通していました。

1月31日放送分の予習です。

ロシアの指揮者フェドセーエフへのインタビューの場面です。

少し複雑な構文ですが、作文で使えれば面白いと思います。

「もし~なら、そしてそのはずだが、・・・・だ。」

если...,а...должен,то...

例文で覚えるほうが簡単です。

その前に、まずはよくある「条件節+帰結節」の構文の確認

Если дождь прекратится,то мы поедем кататься на лодке.

もし雨が止むなら私たちはボートに乗りに行くつもりだ。

これに、а...должен が加わります。

Если дождь прекратится,а по прогнозу он должен прекратиться, то мы поедем кататься на лодке.

もし雨が止むなら、そして予報では止むはずだが、私たちはボートに乗りに行くつもりだ。

もうひとつの例文

Если Валерий выполнит мою просьбу,а он должен её выпонить, то всё будет в порядке.

もしヴァレーリーが私の頼みを聞いてくれるなら、そして聞いてくれるはずだが、すべてが順調にいくだろう。

本文インタビューでは次の文が出てきます。

Если музыка победит,а она должна победить, то мир будет проще и лучше.

もし音楽が勝利すれば、そして勝利するはずだが、世界はもっと住みやすく良くなるだろう。

 

「もし~なら、~だ」の基本文に少し味付けしています。

こんな構文を使って瞬時に作文ができるようになると、

2級は合格できると思います。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

2019年9月21日 (土)

ロシア語新講座の特色

10月から半年間のラジオ講座応用編は

「インタビューで磨くロシア語」です。

さっそく、テキストを買ってきました。

これまでとかなり違った内容です。

というのは、

これまでの講座は、日本人学習者向けのロシア語といった感じがしました。

今回は、

ロシア人の各分野での有名人にインタビューした内容が基本そのままで取り上げれられるようです。

そのぶん、やや難解な感じがします。

ロシアの歴史や文化の土台も背景に感じます。

これが本場のロシア語なんでしょうけど、少し身構えてしまいます。

ただ、文法は基本的な部分から確認していけるようなので役に立ちそうです。

ともかく、10月からはこの新作に挑戦していきたいと思います。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村