2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ロシア語関連ブログランキング

  • ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

NHKロシア語テキスト

2021年3月28日 (日)

ご無沙汰しました

いろいろありまして、更新が止まったままでした。

それでも、ロシア語の学習は地道に続けてはいたんですが。。。

このブログに書くようなことがなかったんですね。

 

でも、またちょくちょく書いていきたいと思ってます。

 

今日はNHKラジオ講座4月号の記事の中から初めて知ったことを紹介したいと思います。

巻末近くに「ロシア語の話し言葉を学ぼう」コーナーがあります。

そのなかから

раздеваться / раздеться 服を脱ぐ

Проходите,снимайте пальто. Давайте я повешу. Евгений,вы тоже раздевайтесь.

いらっしゃい。コートを脱いでください。私が掛けておきますよ。エブゲーニーさん、あなたも脱いでください。

【語句】

снимать+対格  ~(服、靴、帽子など)を脱ぐ

раздеваться / раздеться  このся 動詞は服を脱ぐときに使われる。靴を脱ぐときには使われず。

靴を脱ぐときは下の動詞、これは初めて知ったことです。

разуваться / разуться  靴を脱ぐ
Можете не разуваться. 靴は脱がなくていいですよ。
4月からのNHKラジオ講座は応用編が再放送となっています。
「インタビューで磨く表現力」で、2019年後期の再放送のようです。
テキストはまた買うような気がします。

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2021年2月18日 (木)

仲間外れになるという脅し

今日のNHKラジオ講座応用編に気になる記事が載っていました。

今月のラジオ講座では、

1960年代に東京に駐在したソ連共産党機関紙「プラウダ」特派員オフチンニコフさんの文章を読んでいます。

そのなかで現在でも通用するような日本人論が展開されています。

 

今日のキーワード

угроза отчуждения  仲間外れになるという脅し

 

отчуждение 疎外、疎遠

この単語は

чужой 他人の、自分のでない 

と関係あるような気がする単語ですね。

気のせいかな?

ともかく、初めて出会う単語でした。

そして、

「仲間外れになるという脅し」という訳し方も、さすがですね。

こなれてますね。

私のような素人なら、

「疎外感の脅し」とか、よく意味の分からない訳し方になりそうです。

 

本文にはこうあります。

Воспитание японского ребёнка начинается с приёма, который можно было бы назвать угрозой отчуждения.

日本人の子どものしつけは、仲間外れになるという脅しとでも呼べそうなやり方から始まる。

 

続いて、

«Если ты будешь вести себя неподобающим образом, все станут над тобой смеяться, все отвернутся от тебя» — вот типичный пример родительских поучений.

「もしお前が行儀良くしないと、みんなから笑われるし、だれもお前とは遊んでくれないよ。」これが両親のお説教の典型的な例だ。

(参考文献)ラジオ講座応用編「黒岩幸子先生 朗読に挑戦 第37課」2021年2月号p.103 

残念ながら、

いじめとか仲間外れとか言った問題は、1960年代も現在もそれほど変わっていないようですね。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

2021年2月15日 (月)

トントン拍子 慣用句

簡単な単語を使って、いろいろ深い意味を表現できるようです。

でも、知っていないと、自分の口からこんな表現は出てこないでしょう。

 

Дела́ идут в го́ру.

とんとん拍子に進んでいる。

直訳的には、

仕事(出来事)は山に歩いて行っている。

私は最近山歩きに凝ってるので、山に関する表現につい注目してしまいます。

 

こんな使い方もあるようです。

Он идёт в гору.

彼はすごい早さで出世している。

直訳的には、彼は山に歩いて行っている。

この際、山は肯定的、積極的な意味を持っているようですね。

 

でも、こんなことは私にはまるで縁のないことでしたね。

ということは、こんな表現は覚える必要ないのかな?(笑)

 

この表現はNHKラジオ講座2021年2月号p.37に載ってます。

「おもてなしフレーズで学ぶ基礎文法 第53課」内の「使いながら覚えようコーナー」です。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2021年2月 4日 (木)

それがどうしたの?

引き続き、ロシア語の口語表現をみていきます。

今回も、NHKロシア語講座2月号より取り上げます。

 

【会話例】

Переживаю за завтрашнюю презентацию.

明日のプレゼンテーションが心配なの。

Ведь я изучаю французский ещё только год.

だって、私はフランス語を勉強してまだ1年だから。

Ну и что?

それがどうしたの?

Главное, что ты профи в своём деле.

大事なことはあなたが自分の分野のプロであることだよ。

А язык всего лишь инструмент. всё будет хорошо!

それに言語はただのツールに過ぎない。すべてうまくいくよ。

Ой, спасибо,подбодрил меня.

ありがとう、元気づけてくれて。

 

「それがどうしたの?」、「だから、何?」を表す表現 Ну и что?

親しく付き合うロシア人でもできない限り、

実際に使う場面はなかなか現れないでしょうね。

ということは、すぐに忘れてしまいそうです。(残念!)

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2021年2月 2日 (火)

ロシア語の口語表現 нуの使い方

ロシア語の口語表現はなかなか捉えどころがないと思ってました。

そのなかでも、かねてから ну の使い方や意味がよくわかりませんでした。

 

たまたま 間投詞 ну の使い方が紹介されていました。

NHKロシア語講座テキストの2月号「ロシア語の話し言葉を学ぼう」コーナーです。

 

この短い単語は文脈とイントネーションによって、

ほとんどどんな感情でも表せるとのことです。

6例ほど紹介されてますが、

なんだか否定的な意味合いが多そうな感じですね。

 

今回はこれ

Да ну ?!  「まさか!?」 疑問文で使われる場合

【会話例】

Петров женился!

ペトロフが結婚した!

 

Да ну ?!  Он же убеждённый холостяк!

まさか!? 彼は独身主義者でしょう!

 

Да я сам поверить не могу.

僕だって信じられない。

 

ちょっと思ったんですけど、

この場合、

Да ну?! の代わりに 

Неужели? が使えそうに思いますけど、

それで大丈夫ですかね?

 

しかし、実際に使えるようになるには相当場数を踏んでないと難しそうですね。

こんな口語表現をロシア人相手に自由に使ってみたいものです。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2021年1月27日 (水)

蟹が美味しい季節 ロシア語ヒント

NHKラジオロシア語講座の入門編にこんな記事が出ていました。

(2021年1月25日放送分 おもてなしフレーズで学ぶ基礎文法 第46課)

 

案内役アナスタシアさんの「視点」コーナーより

 

Краб вкусый и полный в месяце, где есть буква«Р».

蟹が美味しくて大きいのは、Р の文字がある月です。



Р の文字が含まれる月は以下の月ですね。

сентябрь 9月 октябрь 10月 ноябрь 11月 декабрь 12月

январь 1月 февраль 2月 март 3月 апрель 4月

 

Р の文字が含まれる月はたくさんあるんですね。

そして、やはり、蟹は寒い時期が美味しいんですね。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2021年1月 8日 (金)

日本の外国語学習の歴史と私

今日のNHKロシア語講座応用編を聞いていて思ったことがありました。

今月の応用編は、レフ・トルストイの娘の日本滞在記を読んでいるのですが、

そのなかでこんな指摘がありました。

解説者は黒岩幸子先生です。

 

外国語の読み書きができるが、さっぱり話せないという日本人が大勢いるということです。

(私は、読み書きのレベルも低いですが、どちらかというと、そのタイプです。)

これについては個人の問題ということだけでなく、

日本の外国語学習の歴史に関係しているという指摘が腑に落ちました。

つまり、

日本人が外国語を学んできたのは、外国人と話すためではなく、

知識を得ることを主な目的にしてきたのです。

日本人は、古代においては中国から仏教の経典を学び、近代においては欧米の書物を学び、

国家体制を築いてきました。

その結果、外国語学習の基本は、辞書を引いて和訳していく方法がとられてきました(訳読法)。

書き言葉と話し言葉が切り離されていたということです。

(そういえば、私たちの時代の大学入試もそうでした。圧倒的に、読み書き中心でした。)

 

私もそういった学習方法に慣れてしまっていたので、

話したり聞いたりするのが特に苦手になったのかもしれません。

なので、

このことは私の個人的な弱点であるだけでなく、

日本人の外国語学習方法の歴史に根を持った深い意味のある事なのかもしれません。

そんなことにも気づかせてもらいました。

 

その点、

ロシア語能力検定試験の主催者はこのあたりのことをしっかりとわきまえているようです。

従来型の筆記試験(文法、和文露訳、露文和訳)だけでなく、

2級や1級では、口頭作文や聴取といった(話す、聞く)のテストが取り入れられています。

総合力を問う現代的な試験方法となっているようですね。

本当の実力を身につけるため、

1級に挑戦する意味は大きいと思います。

今は、それに一歩でも近づきたいと思ってます。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2020年12月19日 (土)

形動詞の名詞化

宗教は生活の最重要な構成要素である。

 

先日、NHKロシア語講座応用編を聞いていると、こんな表現がでてきました。

12月18日放送分です。

 

Религия — важнейшая составляющая жизни.

宗教は生活の最重要な構成要素です。

 

ここでは、

составляющая  

に注目します。

これは能動形動詞現在形ですよね。

この後に何か名詞が続くのかと思いますが、それがありません。

 

それで辞書で調べてみると、

女性名詞として、составляющая  がでていました。

元の単語は

составлять  組成する、~の数字である

 

составляющая 構成要素、成分(女性名詞)

能動形動詞現在形が名詞化したものでしょう。

 

能動形動詞現在形が名詞化した例はいくつかあります。

「~する人」という意味で多く使われています。

 

例えば、

говорящий 話す人

пишущий 書く人

спрашивающий 質問者

отвечающий 回答者

 

今回出てきたのが、

составляющая 構成要素

能動形動詞現在形で「~する人」以外の使い方で出てきたのは、私にとっては初めてのような気がします。

面白い使い方なので頭に入れておきましょう。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2020年10月26日 (月)

NHKロシア語講座にもコロナの影響?

NHKラジオロシア語講座テキスト11月号の入門編を眺めていました。

こんな例文がありました。

 

Извините, где можно купить антисептик?

すみません、消毒液はどこで買えますか?

 

Скажите,пожалуйста,в нашей аптеке есть маски?

すみません、おたくの薬局にはマスクはありますか?

 

антисептик 消毒液、除菌剤

この単語は初めて知りました。

 

маска マスク 単数形 маски マスク 複数形

この単語はコロナ以降、ニュースサイトで初めて出会った単語だったと思います。

 

今回の入門編は新作なのでコロナ以降に制作されたテキストだと思います。

ロシア語講座の例文にもコロナの影響が感じられます。

 

それともう一つ初めて出てきた単語がありました。

Я скажу о вашей неприятной проблеме на ресепшн.

あなたの不快な問題についてレセプションに言いましょう。

 

ресепшн レセプション

この単語も私にとっては初登場でした。

手元の辞書で調べても載っていません。

英語から借用されたものだと思います。

ロシア語も英語の影響を大きく受けていることを改めて感じました。

 

このように入門編からも多くの新しいことを発見するので目が離せません。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2020年10月 3日 (土)

日本初のロシア語文法書1813年

日本で初めてのロシア語文法書の登場もゴロヴニンに関係しているようです。

1813年のことです。

日本に幽閉中のゴロヴニンからロシア語を学んだ人がいたようです。

そのなかには通訳や翻訳ができるまでになった日本人もいます。

そして、彼らのうちの一人は日本初のロシア語文法書まで書いていることを知りました。

蘭学者の馬場佐十郎(1787~1822)なる人物です。

彼は1813年に『魯語文法規範』6巻という文法書を書いているようです。

(応用編第8課の解説部分で紹介されています。)

1813年といえば、ゴロヴニンが幽閉から解放されてロシアに帰国した年ですよね。

頭のいい日本人もいたものですね。

日露関係史のなかにも私が知らないことがまだまだいっぱいありそうです。

ロシア語を学ぶと同時に隠れた歴史も知りたいと思っています。

 

10月2日放送分では、ゴロヴニンが捕まった場所が紹介されていました。

それは、国後島の泊湾(とまりわん)です。

ロシアでは、この地は今でも 

裏切り湾 залив Измены

と呼ばれているようです。

 

にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村